母が認知症になってから考えたこと

こころライブラリー
ハハガニンチショウニナッテカラカンガエタコト
  • 電子あり
母が認知症になってから考えたこと
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

認知症になった母を目の当たりにして、改めて実感する「母の私に対する影響力」。
そして私は、すべての男は決して母離れできない存在なのだと再認識する。

「自分は、なぜ今の自分になったのか?」

人生の節目で誰もがふと感じるこんな疑問に、精神科医が自らの生育歴をもとに分け入る。母と息子の関係、介護をめぐる精神的葛藤、育った街、時代背景や当時の文化など、幅広いテーマに思いを巡らせつつ展開される、異色の心理エッセイ。
<装幀・挿絵 南伸坊>

【著者紹介】
●山登敬之(やまと・ひろゆき)
東京えびすさまクリニック院長。1957年東京都生まれ。筑波大学大学院博士課程医学研究科修了、医学博士、精神科医。専門は児童青年期の精神保健。国立小児病院精神科、かわいクリニックなどに勤務の後、2004年に現在のクリニックを開設。主な著書に『拒食症と過食症』(講談社現代新書)、『新版 子どもの精神科』(ちくま文庫)、『パパの色鉛筆』(日本評論社)などがある。

目次

  • ●第一章 優しいママとダメ息子
  • ●第二章 母の日記
  • ●第三章 家族のエロス
  • ●第四章 わが町、東京
  • ●第五章 象を欲しがった少女
  • ●第六章 ほめられたい、もっと!
  • ●第七章 あなたがわたしに着せたもの
  • ●第八章 少年よ、拳を握れ
  • ●第九章 受験生ブルース
  • ●第十章 アニメソングが聞こえる場所
  • ●第十一章 おふくろの味、妻の味
  • ●第十二章 ニュータウン、夏
  • ●第十三章 ぼくのおじさん
  • ●第十四章 せめては新しき背広をきて
  • ●第十五章 母を生かす、父も生かす
  • あとがき

製品情報

製品名 母が認知症になってから考えたこと
著者名 著:山登 敬之
発売日 2013年10月30日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-259713-5
判型 四六
ページ数 208ページ
電子版製品名 母が認知症になってから考えたこと
シリーズ こころライブラリー

著者紹介

著:山登 敬之(ヤマト ヒロユキ)

東京えびすさまクリニック院長。1957年東京都生まれ。筑波大学大学院博士課程医学研究科修了、医学博士、精神科医。専門は児童青年期の精神保健。国立小児病院精神科、かわいクリニックなどに勤務の後、2004年にクリニックを開設。また、1992年から13年間、劇団東京乾電池に所属し、創作、評論に携わる。主な著書に『拒食症と過食症』(講談社現代新書)、『新版 子どもの精神科』(ちくま文庫)、『パパの色鉛筆』(日本評論社)などがある。

オンライン書店で見る