「幸福な日本」の経済学

講談社選書メチエ
コウフクナニホンノケイザイガク
「幸福な日本」の経済学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「失われた二○年」は、やがて三○年になろうとしている。その間、非正規雇用者増加、未婚率上昇、格差拡大などの現象が顕著となり、「人並み」の生活を送るのが難しい「貧困」が広がっている。
一方で、若者たちの「幸福感」はこの二○年以上高止まりしているという、意識調査に表れる奇妙な結果。
日本は何故ここまで行き詰まったのか。「幸福感」とのズレの理由は何か。そして経済・財政・社会状況を打開する道はあるのか。
目指すべきwelfare(福祉)とwell-being(幸福)達成への方策を考察する。

目次

  • 第1章 幸福な社会とは?
  •   個人の幸福――二つの国際比較調査/GDPと幸福/奇妙な事実/
  •   何が「幸福」をもたらすのか/幸福の社会的側面/福祉国家の根拠/「自由」と社会的存在 第2章 不平等な社会
  •   貧困と格差の実態/ピケティの衝撃/資産格差/雇用の現場で/日本の場合/
  •   世代間格差/「シルバー民主主義」/「グローバル化」と格差
  • 第3章 何のための経済成長か
  •   新自由主義革命/戦後資本主義の終焉/ITと金融業/「金融化」と「グローバル化」/
  •   バブル崩壊後の日本/経済成長の倫理的根拠/経済成長の内実/
  •   経済成長と「幸福」な社会/ミルとケインズ/環境への負荷はどうなるか?
  • 第4章 「大きな政府」は避けられない
  •   「大きな政府」への反感/日本は「大きな政府」か?/政府債務に問題はないか/
  •   どのような税制が好ましいか/累進課税について/金融所得と資産税/消費税
  • 第5章 さらに、どうすればよいか
  •   市場への介入は悪か/社会保障改革/ベーシックインカム/
  •   日本型福祉国家の進路は?/最後に

製品情報

製品名 「幸福な日本」の経済学
著者名 著:石見 徹
発売日 2017年11月11日
価格 定価 : 本体1,550円(税別)
ISBN 978-4-06-258666-5
判型 四六
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:石見 徹(イワミ トオル)

1948年生まれ。東京大学経済学部経済学科卒業。1977年、同大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。1986年、経済学博士(東京大学)。専門は国際経済論、金融論、経済発展論。東京大学名誉教授。
主な著書に『ドイツ恐慌史』(有斐閣)、『世界経済史』(東洋経済新報社)、『全地球化するマネー』(講談社選書メチエ)、『開発と環境の経済学』(東京大学出版会)、『グローバル資本主義を考える』(ミネルヴァ書房)、『地球温暖化問題は解決できるか』(岩波書店)などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV