新・中華街 世界各地で〈華人社会〉は変貌する

講談社選書メチエ
シンチュウカガイセカイカクチデカジンシャカイハヘンボウスル
  • 電子あり
新・中華街 世界各地で〈華人社会〉は変貌する
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

近年、池袋駅北口に出現した「池袋チャイナタウン」は、中国料理店や食材店だけでなく、危険ドラッグの販売店などもあることから、物議をかもしている。しかし、こうした「新しいタイプのチャイナタウン」は、東京だけでなく、世界中に増えているのだ。1978年に始まる中国の「改革開放路線」以降、新たに海外に出ていった中国人、すなわち「新華僑」によって形成されてきたチャイナタウンを、本書では「新・中華街」と呼び、その実態を世界中に訪ね歩く。
チャイナタウンは、単なる「中国料理と中国食材の街」ではない。そこは、さまざまな事情と思いを抱えて海外に飛び出した華人たちが、新たな挑戦をする舞台であり、足掛かりである。アメリカ、カナダはもちろん、ロンドン、パリ、さらにイタリアや東欧諸国でも、「食文化」を有力な武器として現地社会に溶けこみ、地縁・血縁を絆とした強いコミュニティををつくりあげる華人社会がある。
本書はさらに、そうした新華僑を大量に送り出している中国の町=僑郷のいくつかをフィールドワークし、同郷・同族のパイプと、帰郷した「元・華僑」たちの暮らしも描き出す。
なぜ、日本人街や韓国人街、イタリア人街は世界中に広がらないのか? 華人社会の海外における「強さ」の秘密とは? 異色の地理学者によるフィールドワークの成果。

目次

  • はじめに
  • 序章 「中華街」から「新・中華街」へ
  • 1 チャイナタウン略史
  • 2 新旧「華僑」のライフヒストリー
  • 第一章 池袋で何が起きているか
  • 1 池袋チャイナタウンとは
  • 2 日本三大中華街との違い
  • 第二章 世界各地の「新・中華街」    
  • 1 拡大するアメリカの華人社会―「新・中華街」の形成
  • 2 カナダの新・中華街―香港人から新華僑の富裕層へ
  • 3 新華僑の増加が著しいイギリス・フランス
  • 4 南欧・東欧の「新・中華街」
  • 第三章 華人の〈食〉と現地社会
  • 1 現地化・大衆化する中国料理
  • 2 観光資源としての〈食〉
  • 第四章 僑郷との絆         
  • 1 同郷・同族のパイプ
  • 2 日本老華僑の僑郷―福建省福清市
  • 3 日本老華僑およびヨーロッパ新華僑の僑郷―浙江省温州近郊の青田
  • 4 北方の新僑郷、中国残留帰国者の僑郷―黒竜江省ハルビン市方正県
  • 第五章 国家と政治と地域社会   
  • 1 華人と中国の政治
  • 2 華人の政治参加
  • 3 地域社会との葛藤
  • 終章 華人社会の〈強さ〉とは何か
  • あとがき

製品情報

製品名 新・中華街 世界各地で〈華人社会〉は変貌する
著者名 著:山下清海
発売日 2016年09月09日
価格 定価 : 本体1,550円(税別)
ISBN 978-4-06-258635-1
判型 四六
ページ数 216ページ
電子版製品名 新・中華街 世界各地で〈華人社会〉は変貌する
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:山下清海(ヤマシタキヨミ)

1951年、福岡県生まれ。筑波大学大学院博士課程地球科学研究科修了(理学博士)。秋田大学教授、東洋大学教授等を経て、現在、筑波大学生命環境系(地球環境科学専攻)教授。専門は、人文地理学、華僑・華人研究。 
主な著書に、『東南アジアのチャイナタウン』(古今書院)、『シンガポールの華人社会』(大明堂)、『チャイナタウン―世界に広がる華人ネットワーク』(丸善)、『東南アジア華人社会と中国僑郷―華人・チャイナタウンの人文地理学的考察』(古今書院)、『池袋チャイナタウン―都内最大の新華僑街の実像に迫る』(洋泉社)、『改革開放後の中国僑郷―在日老華僑・新華僑の出身地の変容』(編著、明石書店)、『世界と日本の移民エスニック集団とホスト社会―日本社会の多文化化に向けたエスニック・コンフリクト研究』(編著、明石書店)など。

オンライン書店で見る