大東亜共栄圏 帝国日本の南方体験

講談社選書メチエ
ダイトウアキョウエイケンテイコクニホンノナンポウタイケン
  • 電子あり
大東亜共栄圏 帝国日本の南方体験
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「大東亜共栄圏」という言葉が当時の外務大臣・松岡洋右によって初めて公表されたのは1940年8月1日であった。その用語は当時のどのような国際情勢をふまえ、いかなる意図を持って掲げられたのか。
やがて東南アジアを軍事占領し、対米開戦へと突き進むことになる日本の方向は、この構想が想定する道だったのか。また、この構想を支えるようになる「八紘一宇」というスローガンは、そもそもどんな思想的出自をもつのか。
対米外交の行き詰まりと東南アジア情勢への介入が拡がるなか、これらの言葉は日本人の目を「南方」異文化へと開き、「共栄圏」への志向を強めていく。
結果的には3年半余りしか続かなかった「大東亜共栄圏期」。その間200万人を超える日本人に東南アジアでの生活を強い、数千万人の東南アジアの人々に「日本文化」を目撃させた特異な時代は、どんな状況に生まれてきたのか、何か明確な理念を持っていたのか。
本書は1940年代前半の日本全体を覆った歴史的運動を多角的に検証する。

目次

  • 第一章 大東亜共栄圏の誕生
  •    一 ドイツ勝利への危機感
  •    二 松岡洋右の登場と大東亜共栄圏構想
  •    三 動き出した東南アジア情勢
  •    四 日米・日独・日ソ交渉と大東亜共栄圏構想
  • 第二章 大東亜共栄圏構想と対米開戦
  •    一 松岡の帰国と大東亜共栄圏構想の停滞
  •    二 選択された日米開戦
  •    三 開戦前「独立」構想
  •    四 「八紘一宇」と「亜細亜の解放」
  • 第三章 異文化体験の空間
  •    一 「独立」か「占領」の継続か
  •    二 マレー軍政部の多民族統治
  •    三 徴用作家の南方体験
  •    四 東南アジア情報の還流と蓄積
  • 第四章 「アジア解放」をめぐる異文化交渉
  •    一 抗い続ける他者の姿
  •    二 独立に対する本心
  •    三 南方特別留学生制度と大東亜会議
  •    四 崩壊する共栄圏

製品情報

製品名 大東亜共栄圏 帝国日本の南方体験
著者名 著:河西 晃祐
発売日 2016年08月10日
価格 定価 : 本体1,850円(税別)
ISBN 978-4-06-258634-4
判型 四六
ページ数 320ページ
電子版製品名 大東亜共栄圏 帝国日本の南方体験
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る