中国外交戦略 その根底にあるもの

講談社選書メチエ
チュウゴクガイコウセンリャクソノコンテイニアルモノ
  • 電子あり
中国外交戦略 その根底にあるもの
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 本書は、中国共産党創設100周年(2021年)と中華人民共和国建国100周年(2049年)の「二つの百年」を見据えた中国の外交・安全保障戦略について考察するものです。2015年10月現在までの習近平体制下の中国を中心に、胡錦濤、江沢民の時代にさかのぼり、四半世紀にわたる中国外交を検討します。
 課題とするのは、以下の三点。
 第一に、現在の中国の外交方針や国家戦略、安全保障戦略を、「過去から現在、現在から未来に向かうプロセス」のなかでとらえるならば、いかに整理できるか。中国共産党と中国政府の外交方針は、ソフトで協調的な外交方針を対外的に表明しつつも軍事力を増強しており、日本や一部のアジア諸国にたいしてきわめて強硬な対外行動を執るなど言動不一致で矛盾しています。著者は、党や政府の発言に潜む独特の論理を解きほぐし、こうしたわかりにくさの向こうにある、中国の主張する「新しい国際関係」とはどのような世界観であるかを明らかにします。
 第二に、中国は「韜光養晦」(能力を隠す)の外交方針から、二〇〇九年に「堅持韜光養晦 積極有所作為」(韜光養晦を堅持して、やれることを積極的にやる)方針へ切り替えました。また「21世紀のシルクロード」を唱えて中央アジアに積極的にアプローチすると同時に、ロシア、インド、中東、ヨーロッパとの関係も再構築しようとしています、その方向性をどのようにとらえるべきか。そして唯一の超大国にして衰えつつあるかにも見えるアメリカを、中国がどう評価し、対峙していくかがカギになります。
 第三に、習近平体制下の中国は、対米関係、中央アジアや周辺外交政策において、日本をいかに位置づけているか。そこから、2020年前後の近未来における日中関係がどうなるかを展望します。
 読み終えたとき、読者の視界が少しでもひらけたように感じられたなら、本書のねらいは達せられたことになりますし、そうなると信じて本書を送り出します。

目次

  •   序 章 パワー・シフトのなかで
  •   第一章 「富国強軍」へ向かう中国
  •    1 中華民族の偉大なる復興
  •    2 核心的利益
  •    3 公共外交と愛国主義教育
  •   第二章 「中米新型大国関係」とその矛盾
  •    1 中国外交におけるアメリカ要因
  •    2 A2ADとTPP
  •    3 「カラー革命」への警戒、そして台湾
  •   第三章 「一帯一路」の対外戦略
  •    1 二つのシルクロード構想
  •    2 「五通」の強化と西進戦略
  •    3 インド、アラブ、ヨーロッパとの関係
  •   第四章 「海洋強国」の野望
  •    1 「積極的防御」の軍事戦略
  •    2 南シナ海波高し
  •    3 尖閣諸島と沖の鳥島
  •    終 章 「Gゼロの世界」と膨張する中国

製品情報

製品名 中国外交戦略 その根底にあるもの
著者名 著:三船恵美
発売日 2016年01月08日
価格 定価 : 本体1,750円(税別)
ISBN 978-4-06-258618-4
判型 四六
ページ数 272ページ
電子版製品名 中国外交戦略 その根底にあるもの
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:三船恵美(ミフネエミ)

三船恵美(みふね・えみ)
駒澤大学法学部教授。早稲田大学第一文学部卒業。米国ボストン大学大学院修了(MA in International Relations)。学習院大学大学院政治学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(政治学)。日本学術振興会特別研究員(DC 2)、中部大学国際関係学部専任講師、同助教授、駒澤大学法学部准教授を経て現職。専攻は中国の外交・国際関係論。著書に『基礎から学ぶ国際関係論』(泉文堂)、共編著に『膨張する中国の対外関係』(勁草書房)、共著にThe Troubled Triangle: Economic and Security Concerns for the United States, Japan and China,(Inoguchi and Ikenberry eds., Macmillan)、Assessing Maritime Power in the Asia-Pacific: The Impact of American Strategic Re-Balance (Kennedy and Pant eds., Ashgate)などがある。

オンライン書店で見る