知の教科書 スピノザ

講談社選書メチエ
チノキョウカショスピノザ
知の教科書 スピノザ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

17世紀のオランダの生んだ大哲学者・神学者スピノザの著作は、その進歩的思想により、刊行当時禁書とされました。
18世紀後半になると、「汎神論論争」が起こり、スピノザの評価が大きく変化します。ヘーゲルは、スピノザがあらゆる哲学の出発点となったと宣言し、ニーチェはスピノザに先駆者の姿を見出しています。二〇世紀、フロイトやラッセル、アインシュタインもスピノザを評価しています。二〇世紀後半には、スピノザ・リバイバルが起こります。これはフロイデンタール、ゲプハルトらによる初期の歴史研究、原典研究に依っています。バリバール、ネグリ、ドゥルーズなどの現代思想家たちも影響を受けています。スピノザの思想の重要性は、現代において増大しています。
しかし、スピノザの思想は、ハードルの高いものです。というのもスピノザの思想は、形而上学、精神哲学、認識論、倫理学、政治哲学といった哲学的主題から、宇宙論や心理学、物理学までと幅広いこと。そして主著『エチカ』は、中世後期のスコラ哲学の語彙で書かれ、「幾何学的な秩序で」提示されることからも、大変難解です。
本書では、スピノザの生涯と思想形成をたどり、『エチカ』『神学政治論』『国家論』といった主要著作の概要がつかめるように、おおきくまとめて語られます。スピノザ入門(初級・中級)の決定版です。

目次

  • 序文
  • 第一部 はじめに
  • 第一章 一七世紀のオランダ
  • 第二章 スピノザの生涯と思想
  • 第三章 知性改善論
  • 第二部 『エチカ』を読む
  • 第四章 『エチカ』概論
  • 第五章 『エチカ』第1部 神について
  • 第六章 『エチカ』第2部 精神と認識について
  • 第七章 『エチカ』第3部 感情について
  • 第八章 『エチカ』第4部 倫理について
  • 第九章 『エチカ』第5部 精神の力と至福について
  • 第三部 政治的著作について
  • 第一〇章 『神学政治論』
  • 第一一章 『国家論』
  • 追記 スピノザが与えた影響について
  • 注釈 参考文献
  • 索引

製品情報

製品名 知の教科書 スピノザ
著者名 著:チャールズ・ジャレット 訳:石垣 憲一
発売日 2015年01月10日
価格 定価 : 本体1,750円(税別)
ISBN 978-4-06-258595-8
判型 四六
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV