知の教科書 カバラー

講談社選書メチエ
チノキョウカショカバラー
知の教科書 カバラー
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ユダヤ教は基本的に「現世」志向の宗教です。戒律に則った生活をすることが美徳であると考えられています。カバラーとはユダヤ教公認の形而上学とも言えるものです。
ユダヤ教自体が扱わない霊魂、死後の生、天と黄泉(よみ)の構造、世界の創造、終末の出来事といったことがカバラーのテーマになります。
カバラーは、二千年以上前から、何千もの書物とたくさんの運動、神秘主義者たちを生み出してきました。その間、ユダヤ教徒の意識的滋養の源泉だったのです。
カバラーとは、ヘブライ語のle-kabel(受け取る)に由来しています。カバラーの伝統のすべては、太古の源泉から来たものと考えられています。
歴史としてのカバラーではなく、ユダヤ教的な神秘的実在についての思想としてのカバラーを分かりやすく解説する待望の一冊です。

目次

  • はじめに
  • 第1章 カバラーとは何か
  • 第2章 カバラーの歴史
  • 第3章 カバラーの形而上学
  • 第4章 ルーリアのカバラー
  • 第5章 霊魂
  • 第6章 神秘主義的実践とミツヴォート
  • 第7章 祈り
  • 第8章 瞑想との関係
  • 第9章 神の名
  • 第10章 カバラーと現代ユダヤ教

製品情報

製品名 知の教科書 カバラー
著者名 著:ギラー,ピンカス 訳:中村 圭志
発売日 2014年10月10日
価格 定価 : 本体1,750円(税別)
ISBN 978-4-06-258587-3
判型 四六
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:ギラー,ピンカス(ギラー,ピンカス)

ピンカス・ギラー(Pinchas Giller)
一九五三年生まれ。Ph.D. アメリカン・ジューイッシュ・ユニヴァーシティ教授(中世ユダヤ思想)。ユダヤ教のラビ。主な著書にThe Enlightened Will Shine: Symbolization and Theurgy in the Later Strata of the Zohar (1993); Reading the Zohar: The Sacred Text of the Kabbalah (2000); Shalom Shar’abi and the Kabbalists of Beit El (2009)などがある。

訳:中村 圭志(ナカムラ ケイシ)

中村圭志(なかむら・けいし) 
一九五八年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学(宗教学)。主な著書に『信じない人のための<宗教>講義』(みすず書房)、『はじめて学ぶ宗教』(共著、有斐閣);主な訳書『宗教の系譜――キリスト教とイスラムにおける権力の根拠と訓練』(T・アサド著、岩波書店)、『科学と宗教』(T・ディクソン著、丸善出版)などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV