満蒙 日露中の「最前線」

講談社選書メチエ
マンモウニチロチュウノサイゼンセン
  • 電子あり
満蒙 日露中の「最前線」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

二〇世紀前半、日本、ロシア、中国のそれぞれの「辺境」地域は、なぜ「生命線」となったのか。
義和団戦争から満鉄解体まで、満蒙でくりかえされる軍事衝突には、「鉄道」をめぐる利権が絡んでいた。
ロシアが「北満洲」に設立した中東鉄道とライバル会社満鉄との権益競争、ロシア革命後の「革命派」と「反革命派」の内戦、張作霖など軍閥とスターリンの対決……。
鉄道をめぐるドラマを辿り、新しい国際政治史を描く。

目次

  • 第一章 『坂の上の雲』の先へ――小村寿太郎とウィッテ
  • 第二章 日露協約時代の「満蒙問題」――伊藤博文とココフツォフ
  • 第三章 「北満洲」における大戦・革命・内戦――田中義一とホルヴァート
  • 第四章 ソ連と奉天派の対決――張作霖、張学良親子とカラハン
  • 第五章 満洲国という難問――昭和天皇、蒋介石とスターリン

製品情報

製品名 満蒙 日露中の「最前線」
著者名 著:麻田 雅文
発売日 2014年08月11日
価格 定価 : 本体1,850円(税別)
ISBN 978-4-06-258583-5
判型 四六
ページ数 320ページ
電子版製品名 満蒙 日露中の「最前線」
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:麻田 雅文(アサダ マサフミ)

一九八〇年生まれ。二〇〇三年、学習院大学文学部史学科卒業。二〇一〇年、北海道大学大学院文学研究科博士課程単位取得後退学。博士(学術)。 日本学術振興会特別研究員、ジョージ・ワシントン大学客員研究員を経て、二〇一三年より東北大学東北アジア研究センター教育研究支援者。専門はロシアと東アジアの近代史。著書に『中東鉄道経営史――ロシアと「満洲」1896-1935』(名古屋大学出版会)がある。

オンライン書店で見る