神から可能世界へ 分析哲学入門・上級編

講談社選書メチエ
カミカラカノウセカイヘブンセキテツガクニュウモンジョウキュウヘン
  • 電子あり
神から可能世界へ 分析哲学入門・上級編
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「分析哲学」は、ありていに言えば、文の論理的な分析によって思考を展開する哲学の手法です。欧米の現代哲学の世界では主流をなす分野ですが、論理学的な要素が強いせいか、日本ではあまり人気があるとはいえません。
著者は、分析哲学の本場の第一線で活躍する哲学者ですが、日本でひろく受け容れられない現状を憂い、誰にでもおもしろく読める入門書『分析哲学入門』(講談社選書メチエ)を上梓しました。同書はさいわい、多くの読者から好評をいただき、よりくわしく考えるための「入門の中級編」として、前著『意味・真理・存在――分析哲学入門・中級編』を刊行。本書は、「分析哲学入門3部作」の掉尾を飾る「上級編」です。
上級編では、西洋哲学史上、きわめて有名なひとつのトピックをめぐって、分析哲学の方法がいかに論理的・形而上学的な思索を深めるのに有効かを、実践的に体験することを目指します。
そのトピックとは、「神の存在証明」です。なかでも、いわゆる「存在論的証明」といわれる、11世紀に聖アンセルムスが提唱した証明が主な課題となります。
これは、概略、「それより偉大なものを考えることができないような、そういうものは、思考の対象であり、存在する。ゆえに神は存在する」というものです。
この論理を、分析していくとどうなるか。そして、話題は、しだいに現代哲学の中心でもある、可能世界論へ。これぞ分析哲学、という世界を体感してください。
上級編にふさわしい、スリリングな哲学が展開します。

目次

  • 第1章 関係論
  • 第2章 存在論的論証
  • 第3章 可能世界
  • 第4章 存在論的論証――現実主義

製品情報

製品名 神から可能世界へ 分析哲学入門・上級編
著者名 著:八木沢 敬
発売日 2014年05月10日
価格 定価 : 本体1,750円(税別)
ISBN 978-4-06-258578-1
判型 四六
ページ数 288ページ
電子版製品名 神から可能世界へ 分析哲学入門・上級編
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:八木沢 敬(ヤギサワ タカシ)

1953年生まれ。Ph.D.哲学、プリンストン大学、1981年。現在、カルフォルニア州立大学ノースリッジ校人文学部哲学科教授。専攻は、分析哲学、形而上学、言語哲学。おもな論文に、「フィクションについての反創造論」("Philosophical Perspective"2001年=英語)、著書に、『世界と個体、可能と不可能』(オックスフォード大学出版局、2010年=英語)、日本語の著書に『分析哲学入門』『意味・真理・存在――分析哲学入門・中級編』(いずれも、講談社選書メチエ)がある。

オンライン書店で見る