記憶の中のファシズム 「火の十字団」とフランス現代史

講談社選書メチエ
キオクノナカノファシズムヒノジュウジダントフランスゲンダイシ
  • 電子あり
記憶の中のファシズム 「火の十字団」とフランス現代史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「フランスのヒトラー」の虚像と実像

第2次世界大戦前後のフランスで、反ファシズムの標的とされた1人の男がいた。「火の十字団」総裁、ラロック中佐。穏健な中道派志向でありながら、なぜファシズムの権化として集合的記憶に刻まれることになったのか? 現代も活発に続くファシズム論争に、新たな視座を供する画期的な書。

目次

  • 序章 集合的記憶の中の「ファシズム神話」
  • 第1章 左翼の標的
  • 第2章 右翼からの憎悪
  • 第3章 ヴィシーとレジスタンスの狭間で
  • 第4章 名誉回復への道

製品情報

製品名 記憶の中のファシズム 「火の十字団」とフランス現代史
著者名 著:剣持 久木
発売日 2008年03月10日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-258409-8
判型 四六
ページ数 264ページ
電子版製品名 記憶の中のファシズム 「火の十字団」とフランス現代史
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る