ラカン 哲学空間のエクソダス

講談社選書メチエ
ラカンテツガククウカンノエクソダス
ラカン 哲学空間のエクソダス
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ラカンは精神分析のモーセである
約束の地は「他者」

フロイトの開いた人間存在の最奥に位置する問題へと踏み込んでいったラカン。「シニフィアン」をはじめ独特の諸概念を生み出したセミネールの議論をたどり、「他者がある」ことに向けられた問いとの格闘の軌跡をたどる。

目次

  • 序章 精神分析のモーセ
  • 第1章 フロイトからラカンへ――「危機」の相続人として
  • 第2章 精神分析への道――パラノイア・文学・戦争
  • 第3章 「シニフィアン連鎖」の思想
  • 第4章 エディプスコンプレックスと「グラフ」――王国の地形図
  • 第5章 大他者の基層――脱出の経路を求めて
  • 第6章 「ディスクール」と「性別化」――砂漠の住まい方
  • エピローグ――「ヨルダン川」の此岸で

製品情報

製品名 ラカン 哲学空間のエクソダス
著者名 著:原 和之
発売日 2002年10月10日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-258251-3
判型 四六
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社選書メチエ