フッサール 起源への哲学

講談社選書メチエ
フッサールキゲンヘノテツガク
  • 電子あり
フッサール 起源への哲学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なぜ、私の前に世界は「現象」しているのか。この問いを巡り、現象学の祖はいかに思索し、どのような限界に漸近していたのか。気鋭の哲学者による驚きに満ちた「現象学」解読の、そしてフッサール超克の試み。

目次

  • <プロローグ> 「頭の悪い」哲学者、フッサール
  • <第1章> たび重なる「転回」――数学から超越論哲学へ
  • 1 数学から心理学へ――第1の「転回」
  • 2 心理学から論理学へ――第2の「転回」
  • 3 論理学から超越論哲学へ――第3の「転回」
  • <第2章> 事象そのものへ――「現象」への還元
  • 1 デカルトとフッサール――懐疑と還元
  • 2 中立性変様――超越論的還元を可能にするもの
  • 3「私には~と思われる」――「真理」とは何か
  • 4 超越論的現象学は独我論か――「超越論的なもの」をめぐって
  • <第3章> 記号と意味――「現象」の内実
  • 1 本質直観と想像力――形相的還元
  • 2 想像力の根本性
  • a フッサールとフレーゲ
  • b カントの「カテゴリーの超越論的演繹」をめぐって
  • c ヘラクレイトスと「自己同一的なもの」の生成
  • 3 虚構としての現実――あるいは「意味」
  • <第4章> 身体と私――「現象」の媒体
  • 1 現象を見てとる者――「私」
  • 2 身体としての私――「自由」と「間身体性」
  • 3 私――アクチュアリティかヴァーチャリティか
  • <第5章> 世界――「現象」の場所
  • 1 さまざまな「自我=私」――「経験的なもの」と「超越論的なもの」
  • 2 純粋自我から世界へ――「現象すること」そのことをめぐって
  • 3 世界とは何か――「生活世界」への還元
  • 4 「原箱舟」――あるいは「場所」
  • <第6章> 時間と他なるもの――「現象」の外部へ
  • 1 時間とは何か――「不在」ということ
  • 2 場所と「他なるもの」――「起源ならざるもの」へ
  • <エピローグ> 起源への遡行――ただひとつの「問い」

製品情報

製品名 フッサール 起源への哲学
著者名 著:斎藤 慶典
発売日 2002年05月10日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-258240-7
判型 四六
ページ数 304ページ
電子版製品名 フッサール 起源への哲学
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る