「声」の資本主義

講談社選書メチエ
コエノシホンシュギデンワ・ラジオ・チクオンキノシャカイシ
「声」の資本主義
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「声」がブルジョア的記号として、流通しはじめる19世紀。電気的テクノロジーが、つぎつぎに新たなネットワークを生み出した。大衆の想像力……。資本の欲望……。国家の戦略……。混沌たる草創期のメディア状況と消費社会のダイナミクスを解明する。

目次

  • 序 声の資本主義
  • 1 驚異の電気術
  • 2 声を複製する文化
  • 3 テレフォンのたのしみ
  • 4 村のネットワーキング
  • 5 無線の声のネットワーク
  • 6 大正のラジオマニアたち
  • 7 モダニズムと無線の声
  • 8 再び、声の資本主義

製品情報

製品名 「声」の資本主義
著者名 著:吉見 俊哉
発売日 1995年04月28日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-258048-9
判型 四六
ページ数 294ページ
シリーズ 講談社選書メチエ