創薬が危ない

ブルーバックス
ソウヤクガアブナイ
  • 電子あり
創薬が危ない
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 医薬品産業は先進国が独占するのビッグビジネスであり、年間売上額が1兆円を超えるような巨大製薬企業(メガ・ファーマ)が巨額の開発費をかけて、新薬開発に日々しのぎを削っている。しかし、ガン、アルツハイマー病、インフルエンザ、エボラウイルス病……、私たちの病気への不安はいっこうに解消されない。
 なぜだろう?
 人類の歴史は、病気との闘いの歴史であり、創薬の歴史でもあった。ところが21世紀に入り、創薬が大きな壁に突き当たっている。いくら巨額な開発費をかけても、新しい薬が生まれなく(生まれにくく)なっているのだ。もし新しい薬ができなければ、私たちの未来は決して明るいものにはならないだろう。
 本書はその原因に探りながら、その対策として「ドラッグ・リポジショニング」という、新しい視点からの創薬を紹介する。

目次

  • 第1章 薬と創薬研究者
  •    1-1 もし薬がなかったら
  •    1-2 薬なくして、日本の発展なし
  •    1-3 薬ができるまで
  •    1-4 薬作りも役割分担の時代へ
  • 第2章 ドラッグ・リポジショニングとは
  •    2-1 「2010年問題」の本質とドラッグ・リポジショニングの背景
  •    2-2 ドラッグ・リポジショニングのメリット
  •    2-3 ドラッグ・リポジショニングはなぜ可能か
  •    2-4 ドラッグ・リポジショニングの成功例と方法
  • 第3章 温故知新創薬、ドラッグ・リプロファイリング
  •    3-1 ドラッグ・リプロファイリングによる新薬開発
  •    3-2 ドラッグ・リプロファイリングの方法
  •    3-3 胃潰瘍を起こしにくい抗炎症薬の開発
  •    3-4 新規アルツハイマー病治療薬の開発
  • 第4章 ドラッグ・リポジショニングに関する国内外の動きとその推進への課題
  •    4-1 先行する欧米のドラッグ・リポジショニング
  •    4-2 欧米でのドラッグ・リポジショニングの問題点
  •    4-3 ドラッグ・リポジショニングと社会制度
  • 第5章 ドラッグ・リポジショニングの実例
  •    5-1 テプレノンに関するドラッグ・リポジショニング
  •    5-2 既承認薬ライブラリーを用いたCOPD治療薬の開発
  •    5-3 既承認薬ライブラリーを用いたドライアイ治療薬の開発
  • 第6章 これからのドラッグ・リポジショニング
  •    6-1 ドラッグ・リプロファイリング技術の共通基盤化
  •    6-2 既承認薬データベースの整備
  •    6-3 疾患データベースの整備
  •    6-4 インシリコ・スクリーニングとインシリコ臨床試験
  • 第7章 スマートヘルスケアの提案
  •    7-1 スマートヘルスケアなくして、21世紀の医療なし
  •    7-2 ドラッグ・リポジショニングとDDS
  •    7-3 健康食品によるスマートヘルスケア
  •    7-4 運動や健康機器によるスマートヘルスケア

製品情報

製品名 創薬が危ない
著者名 著:水島 徹
発売日 2015年02月19日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-257903-2
判型 新書
ページ数 256ページ
電子版製品名 創薬が危ない 早く・安く・安全な薬を届けるドラッグ・リポジショニングのすすめ
シリーズ ブルーバックス

おすすめの本

オンライン書店で見る