理系のためのExcelグラフ入門

ブルーバックス
リケイノタメノエクセルグラフニュウモンジッケンデータヲタダシクツタエルギジュツ
  • 電子あり
理系のためのExcelグラフ入門
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

実験で得た数値データを表すグラフは、誤解なく読み取れるように仕上げることが重要。これをExcelで実現するために必要なデータを正しく伝える技術について丁寧に解説する。
軸ラベルや凡例、線の種類などの基本設定から対数グラフやヒストグラムなどの描き方まで、卒論やレポートなどに用いるグラフの質を飛躍的に向上させる知識が自然と身につく。

・本書は以下の環境を使い、機能を確認して執筆しています
 Excel 2010、Excel 2013(共にWindows 7)
 Excel 2007(Windows Vista)
 Excel 2003(Windows XP)
・本書で掲載している画面はExcel 2010で使用したときのものです(Excel 2013、Excel 2007、Excel 2003でも操作できるように、紙面の許す限り補足を入れています)

目次

  • 1章 散布図とグラフの基本的な設定
  • 2章 複数のグラフの区別を容易にしよう
  • 3章 複数回行った実験結果をグラフにする
  • 4章 実験データの近似曲線を描く
  • 5章 軸を2つ使うグラフを描く
  • 6章 理論式に基づいたグラフ
  • 7章 片対数グラフ
  • 8章 両対数グラフ
  • 9章 ヒストグラム
  • 10章 テンプレートの利用
  • 11章 グラフをWordに貼り付ける
  • 付録A Excel 2010とExcel 2013の操作の違い
  • 付録B ソルバーと分析ツールを使用するための設定
  • 付録C Excelで使える演算子と数学的関数
  • 付録D グラフの中に数式を挿入する

製品情報

製品名 理系のためのExcelグラフ入門
著者名 著:金丸隆志
発売日 2013年10月21日
価格 定価 : 本体980円(税別)
ISBN 978-4-06-257837-0
判型 新書
ページ数 280ページ
電子版製品名 理系のためのExcelグラフ入門 実験データを正しく伝える技術
シリーズ ブルーバックス

おすすめの本

オンライン書店で見る