国際宇宙ステーションとはなにか

ブルーバックス
コクサイウチュウステーショントハナニカシクミトウチュウヒコウシノシゴト
  • 電子あり
国際宇宙ステーションとはなにか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

若田宇宙飛行士が語る宇宙ステーションとミッション

地上400kmの宇宙に浮かぶサッカー場と同じサイズの巨大な駅(ステーション)。
2010年に完成予定の国際宇宙ステーション(ISS)は、6名の宇宙飛行士が長期滞在しながら実験や観測ができる、人類初の巨大な宇宙実験施設です。日本人で初めて長期滞在する若田宇宙飛行士が、ISSの仕組み、宇宙飛行士の衣食住、訓練などを、自らの体験を通して興味深く語ります。

目次

  • 第1章 宇宙ステーションは「ミニ地球」
  • 第2章 国際宇宙ステーションで何をする?
  • 第3章 長期滞在――「宇宙に暮らす時代」が始まる
  • 第4章 宇宙飛行士はどんな人たち? 宇宙で何をする?
  • 第5章 宇宙飛行士に求められる能力――「運用のセンス」
  • 第6章 宇宙飛行士訓練の実際
  • 第7章 グループで力を発揮するために
  • 第8章 宇宙飛行士の地上業務
  • 第9章 宇宙開発を日常に活かす

製品情報

製品名 国際宇宙ステーションとはなにか
著者名 著:若田光一
発売日 2009年02月02日
価格 定価 : 本体940円(税別)
ISBN 978-4-06-257628-4
判型 新書
ページ数 264ページ
電子版製品名 国際宇宙ステーションとはなにか 仕組みと宇宙飛行士の仕事
シリーズ ブルーバックス

オンライン書店で見る