音のなんでも実験室

ブルーバックス
オトノナンデモジッケンシツ
  • 電子あり
音のなんでも実験室
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

自分の声と、録音した声がちがって聞こえるのはなぜ?

30メートル離れているところのヒソヒソ話が耳元で聞こえる!?
何気なく聞いている音や声も音のしくみがわかると楽しく聞こえてきます。音にまつわるさまざまな現象を自分の手で作り出し、波形を調べながら自然に理解できるおもしろ実験満載です。

<試してみたくなるびっくり実験>
●実験 6 歌うワイングラス
●実験18 踊る発泡スチロール
●実験24 きみの声は何ヘルツ?
●実験26 小鳥の鳴きくらべ
●実験29 地獄耳のパラボラ通信

目次

  • 第1編 作って楽しむ音の第1実験室
  •  1.振動が音を作る
  •  2.高い音・低い音
  •  3.共振・共鳴
  •  4.おもしろ実験
  • 第2編 調べて楽しむ音の第2実験室
  •  1.サウンドモニターFFT Wave
  •  2.自分の声を分析しよう
  •  3.紙の笛と試験管の音を解析しよう
  •  4.楽器の音を解析してみよう
  •  5.日光の鳴竜
  •  6.波の重ね合わせの原理とFFTの原理

製品情報

製品名 音のなんでも実験室
著者名 著:吉澤 純夫
発売日 2006年06月20日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-257521-8
判型 新書
ページ数 184ページ
電子版製品名 音のなんでも実験室 遊んでわかる音のしくみ
シリーズ ブルーバックス

オンライン書店で見る