霊はあるか

ブルーバックス
レイハアルカカガクノシテンカラ
  • 電子あり
霊はあるか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本人にとって霊とはなにか?

「霊がないなどと悲しいことを言わないでほしい。いま嫁にいじめられているので、死んだら化けて出たいのだから」――(ある老婆の言葉)

「霊」について真っ当に考える本
宇宙の物質の究極構造から、生命の起源まで解明されつつある今日でも「霊」の存在を信じる人は少なくない。その背後には、「人は死んだら魂はどうなるのか」という素朴かつ根源的な疑問が残っているからであろう。だが、そこにはさまざまなインチキがつけこむ余地もある。
そもそも「霊」とはいかなるものなのか?宗教界では「霊」をどう捉えているのか?科学的に「霊」を扱うには、どう考えればよいのか?
科学者が自らの輪廻転生観を示しながら、この難問に迫る野心作。

目次

  • 第1章 霊に惑わされる人々
  • 第2章 霊についての仏教各宗派の見解
  • 第3章 霊はあるか
  • 第4章 岡部金治郎氏の「死後の世界」論
  • 第5章 科学的な輪廻転生観
  • 第6章 霊に惑わされずに生きる
  • コラム

製品情報

製品名 霊はあるか
著者名 著:安斎 育郎
発売日 2002年09月20日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-257382-5
判型 新書
ページ数 232ページ
電子版製品名 霊はあるか 科学の視点から
シリーズ ブルーバックス

オンライン書店で見る