警視庁ウラ金担当

講談社+α文庫
ケイシチョウウラガネタントウカイケイセキニンシャジュウハチネンカンノシゴト
警視庁ウラ金担当
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

必要悪にせよ犯罪は犯罪!!そろそろ知らぬ存ぜぬはやめ本気で改革する時期がきた!!もういい加減にしろ!!

警察組織の本丸・警視庁を告発したのが3年前!!これをキッカケに全国に告発の嵐が吹き荒れた。警察組織によるウラ金作りの実態が、次々と白日の下に晒されていく。特に警視庁では年間数十億のウラ金が動くという。本書では、会計責任者だった著者が、18年間の実体験をもとに、警視庁のウラ金作りの巧妙な手口とカラクリを明らかにし、そのシステムが組織ぐるみ犯罪であることを暴露する!!

製品情報

製品名 警視庁ウラ金担当
著者名 著:大内 顕
発売日 2005年06月20日
価格 定価 : 本体743円(税別)
ISBN 978-4-06-256943-9
判型 A6変型
ページ数 328ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 ’02年に小社から刊行された『警視庁ガネ担当』に一部訂正・加筆