青空に飛ぶ

文芸
アオゾラニトブ
  • 電子あり
青空に飛ぶ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

2015年10月。中学2年生の萩原友人は、伯母の住む札幌を訪れる。それはいじめられる日々からの束の間の逃避であった。友人はひょんなことから伯母の勤務する病院に神風特攻隊の有名人・佐々木友次が入院していることを知る。
いじめの苦しさから逃れるため、自殺を試みるも思いとどまった友人は、伯母の勤める病院に向かい、佐々木の病室を見つける。佐々木は9回特攻に出撃し、9回とも生還したのだという。特攻隊と佐々木に関心を持った友人は、古本屋で『陸軍特別攻撃隊』を手にする。そこに書かれていたのは、敵艦への体当たりという任務を負った万朶隊の物語であった。

製品情報

製品名 青空に飛ぶ
著者名 著:鴻上 尚史
発売日 2017年08月08日
価格 定価 : 本体1,550円(税別)
ISBN 978-4-06-220709-6
判型 四六変型
ページ数 288ページ
電子版製品名 青空に飛ぶ
初出 本書は「小説現代」2016年4月号、6月号~8月号、10月号、12月号、2017年1月号~4月号で連載されたものに、加筆、修正しました。

著者紹介

著:鴻上 尚史(コウカミ ショウジ)

1958年、愛媛県生まれ。早稲田大学法学部卒業。在学中に劇団「第三舞台」を結成。以降、作・演出を手掛ける。1987年「朝日のような夕日をつれて」で紀伊国屋演劇賞、92年「天使は瞳を閉じて」でゴールデン・アロー賞、95年「スナフキンの手紙」で岸田國士戯曲賞を受賞する。日本劇作家協会会長。現在は「KOKAMI@network」と「虚構の劇団」を主宰し活動中。小説に『ヘルメットをかぶった君に会いたい』『僕たちの好きだった革命』『八月の犬は二度吠える』『ジュリエットのいない夜』がある。

オンライン書店で見る