散り行く花

文芸
チリユクハナ
  • 電子あり
散り行く花
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

止むに止まれぬ動機から女性たちが犯した犯罪。彼女たちの前に現れたのは、美人画で有名な人気絵師だった。「その美を僕の手で永遠に残してみたい」とモデルを頼む一方、幾重にも隠したはずの罪にも巧みに迫っていく。思いもよらない一点から論理的に真相が導き出される鮮やかさ。「このミステリーがすごい!」大賞優秀賞受賞作家がついに書きえた新たな傑作!

製品情報

製品名 散り行く花
著者名 著:伽古屋 圭市
発売日 2017年08月22日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-220692-1
判型 四六
ページ数 288ページ
電子版製品名 散り行く花

著者紹介

著:伽古屋 圭市(カコヤ ケイイチ)

1972年大阪府生まれ。公務員退職後、『パチプロ・コード』で第八回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞を受賞し2010年にデビュー。

オンライン書店で見る