スタートアップ・バブル 愚かな投資家と幼稚な起業家

ノンフィクション・学芸(単行本)
スタートアップバブルオロカナトウシカトヨウチナキギョウカ
  • 電子あり
スタートアップ・バブル 愚かな投資家と幼稚な起業家
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『週刊文春』ほかメディア紹介多数!
●スタートアップに入社したジャーナリストがその“バブル”な実態を暴く―「日経新聞ウェブ」
●社員が自由で最高だと信じている「企業文化」の闇の部分―森永卓郎『週刊ポスト』
●「意識高い系」スタートアップの幼稚で気持ち悪い実態―印南敦史「ニューズウィーク日本語版」
●なぜIT業界の起業家は"バカで幼稚"なのか/米国ITベンチャー「やりがい搾取」の実態―「プレジデント・オンライン」
●告発 スタートアップはこうして「やりがい搾取」に狂奔する!「使命感とお楽しみ」にダマされるな!―「クーリエ・ジャポン」
●「老人」がいきなりIT企業で働くと、いったい何が起こるのか? ―山崎元「現代ビジネス」


笑えて、あとから怖いルポルタージュ!

『ニューズウィーク』をリストラされた毒舌おじさん記者がIT企業「ハブスポット」に転職。20代ばかりの社員たちが働くのは、キャンディの壁、ビールが出る蛇口のある遊び場オフィス。意識高い系の若者をのせる自己啓発研修は、ほとんどカルト宗教。そんななか、50歳の新入社員ダンは「高齢者」で、与えられた椅子はバランスボールだった。
スタートアップ企業には、画期的な技術も堅実な利益も必要ない。派手な宣伝とイメージ戦略で低コストの若者を大量採用し、売上をあげてIPOまで持ちこたえれば、株で莫大な資産が手に入る――創業者と一部の投資家だけに。

本書は「50歳のおじさん記者」の浮き沈みを描く物語であると同時に、明るく華やかなイメージで隠されたスタートアップの世界を鋭く分析する。そこは、幼稚な起業家と愚かな投資家の共謀の世界と言っていい。
最後に著者が体験するぞっとする結末が、スタートアップの闇を示唆する。

●「面白くて、続きを読まずにいられない。そして、今日の大手IT企業の内部に息づく偽善や、カルト教団のような熱情について大事なことを教えてくれる」――ブラッド・ストーン(『ジェフ・ベゾス果てなき野望――アマゾンを創った無敵の奇才経営者』著者)

●「めちゃくちゃ面白い……ライオンズはイカれた世界に、一服の正気を注入している」 ――アシュリー・バンス(『イーロン・マスク 未来を創る男』著者)

目次

  • *『ニューズウィーク』からのリストラ宣言
  • *「スパムメール製造会社」はハーバード以上の難関
  • *スタートアップ企業は「変わっててナンボ」
  • *目指せ! ネットで話題沸騰
  • *レベルを下げるほど読者は増える
  • *「採用の天才」と自分を洗脳したバカ
  • *自己評価が高すぎる意識高い系バカ
  • *最先端IT企業版・どぶ板営業
  • *創業者と投資家のだまし合い
  • *アマゾンの平均的労働者は1年で転職
  • *慈善活動で「デカさ」をアピール
  • *「白髪と経験」発言でフェイスブック大炎上
  • *JOBS法は諸刃の剣
  • *本社幹部は誰もかけていなかった「グーグルグラス」
  • *技術開発より派手な宣伝がビジネスの要
  • *アンドリーセン・ホロヴィッツの自己PR投資術
  • *不覚にも傷つくおじさん心
  • *FBIが動いたハッキングの痕跡
  • *沈黙を守る取締役会
  • *インターネットの覗き穴
  • ..........etc.

製品情報

製品名 スタートアップ・バブル 愚かな投資家と幼稚な起業家
著者名 著:ダン・ライオンズ 訳:長澤 あかね
発売日 2017年06月13日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-220588-7
判型 四六
ページ数 392ページ
電子版製品名 スタートアップ・バブル 愚かな投資家と幼稚な起業家

著者紹介

著:ダン・ライオンズ(ダン・ライオンズ)

ダン・ライオンズ Dan Lyons
小説家、ジャーナリスト、脚本家。かつては『ニューズウィーク』誌のテクノロジー・エディター、『フォーブス』誌のテクノロジー記者を務める。彼のブログ「スティーブ・ジョブズの秘密の日記」は、ジョブズになりすましてシリコンバレーをブラックジョークで斬るという独創性で話題となり、月に150万人の読者を集めた。現在は、ケーブルテレビ局HBOの連続ドラマ『シリコンバレー』の脚本を執筆。『ニューヨーク・タイムズ・マガジン』、『GQ』誌、『ヴァニティ・フェア』誌、『ワイアード』誌にも寄稿。マサチューセッツ州ウィンチェスター在住。
www.realdanlyons.com
フェイスブック:realdanlyons
ツイッター:@realdanlyons

訳:長澤 あかね(ナガサワ アカネ)

長澤あかね Akane Nagasawa
奈良県生まれ、横浜在住。関西学院大学社会学部卒業。広告代理店に勤務したのち、通訳を経て翻訳者に。訳書にエイミー・モーリン著『メンタルが強い人がやめた13の習慣』(講談社)、マーティン・ピストリウス著『ゴースト・ボーイ』(PHP研究所)、エイドリアン・トミネ著『キリング・アンド・ダイング』(国書刊行会)などがある。

オンライン書店で見る