本性

文芸
ホンショウ
著:黒木渚
  • 電子あり
本性
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「超不自然主義」…「あなた、一年後に死ぬわよ」と占い師に言われてから二年。サイコはまだ生きている。その日がきっかけとなり、何も分からないまま占い師の仕事をしているサイコ。そして友人のエリは無機質のモノしか愛せない女。今は旦那と別れるといってうちひしがれている。その旦那とは、人間ではなく地蔵なのだ。こじらせてしまっている二人の女の行き着く先はどこなのか。

「ぱんぱかぱーんとぴーひゃらら」…その日暮らしをしている岩崎はある日、パチンコ大勝ちした。そんな岩崎に「お祝いに抜いてあげようか」と声をかけてきた女がいた。女は風俗嬢のアッコ。二人は一緒に住むようになるが、まともに愛し合っていられたのは束の間。二人の愛は奈落の底へ転げ落ちていく。

「東京回遊」…夫との生活に不満を持つ恵は、出会い系サイトで知り合った男に会うために東京へ向かった。だが、男とは思ったようにはいかず、飛び乗ったタクシーであてのない放浪をはじめる。結婚前女優になることを夢見ていた恵は、気のいい運転手との会話のなかだけで大女優になった自分を演じる。

製品情報

製品名 本性
著者名 著:黒木渚
発売日 2017年04月18日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-220533-7
判型 四六変型
ページ数 224ページ
電子版製品名 本性
初出 「超不自然主義」…「小説現代」2016年9月号、「東京回遊」…書き下ろし、「ぱんぱかぱーんとぴーひゃらら」…「小説現代」2017年2月号。

著者紹介

著:黒木渚(クロキナギサ)

1986年宮崎県日向市生まれ。福岡大学大学院人文学科卒業。大学時代軽音研究会でギターをはじめ、ライブハウスで弾き語りをスタートする。2010年、自らの名前を冠したバンド”黒木渚”を結成。
2012年12月「あたしの心臓あげる」でデビュー。2013年12月COUNTDOWN JAPAN 13/14出演をもってバンドは解散。2014年からソロ活動開始。同年4月1stアルバム「標本箱」をリリース。2015年「自由律」など多数のアルバムを発表。また「壁の鹿」で小説家としてもデビューする。
2016年4月には「ふざけんな世界、ふざけろよ」、7月には配信シングル「灯台」をリリース。

オンライン書店で見る