文学2017

ブンガク2017
文学2017
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本文学の「今」がこの1冊でわかる!2016年のベスト短編小説アンソロジー。解説は島田雅彦氏。

製品情報

製品名 文学2017
著者名 編:日本文藝家協会
発売日 2017年04月19日
価格 定価 : 本体3,600円(税別)
ISBN 978-4-06-220523-8
判型 四六変型
ページ数 296ページ
初出 金井美恵子「胡同のジャスミン」高橋弘希「短冊流し」…「新潮」2016年1月号、リービ英雄「ゴーイング・ネイティブ」…「すばる」2016年1月号、早助よう子「おおかみ」…「文藝」2016年春号、高村薫「移動販売車」津島佑子「半減期を祝って」…「群像」2016年3月号、上田岳弘「重力のない世界」温又柔「被写体の幸福」…「GRANTA JAPAN with 早稲田文学」03、島田奈穂子「ペギーについて私たちが知っていること」…小説同人誌「mon」vol.7より転載 「季刊文科」68号、今村夏子「あひる」…「たべるのがおそい」Vol.1、円城塔「地獄には河馬」…「すばる」2016年7月号、横山悠太「アジアの純真」…「群像」2016年8月号、岸政彦「ビニール傘」…「新潮」2016年9月号、古井由吉「その日暮 らし」星野智幸「眼魚」…「新潮」2016年10月号、荻野アンナ「Credo」宮内悠介「カブールの園」…「文學界」2016年10月号、川上弘美「ビゼンクラゲは大型クラゲ」島田雅彦「食べられる夢」…「小説トリッパー」2016年秋号。 以下の作品については、単行本を底本としました。「ゴーイング・ネイティブ 」(『模範郷』集英社)、「半減期を祝って」(『半減期を祝って』講談社) 、「ビニール傘」(『ビニール傘』新潮社)、「カブールの園」(『カブール の園』文藝春秋)。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV