戦始末

文芸
イクサシマツ
著:矢野隆
  • 電子あり
戦始末
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

この負け戦の始末、俺がつけてやる――。

関ヶ原で体勢が決しながら敵前突破を図った「島津の退き口」。窮地に陥った織田信長を救い、秀吉の出世の足がかりとなった戦国のオールスター殿戦「金ケ崎の退き口」……。
負け戦――しんがりでどう振る舞えるかで男の価値は決まる。

戦国で最も過酷な戦を描く、注目若手作家の7番勝負!

登場武将と戦:島津義弘(関ヶ原)/柴田勝政(賤ヶ岳)/馬場信春(長篠・設楽原)/堀秀政(小牧・長久手)/石田三成(関ヶ原)/羽柴秀吉(金ケ崎)/高橋紹運(岩屋城)

目次

  • 禿鼠の股座
  • 夢にて候
  • 勝政の殿軍
  • 四方の器
  • 孤 軍
  • 丸に十文字
  • 我が身の始末

製品情報

製品名 戦始末
著者名 著:矢野隆
発売日 2017年01月24日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-220387-6
判型 四六変型
ページ数 256ページ
電子版製品名 戦始末
初出 「丸に十文字」は『決戦!関ヶ原』所収のものに加筆修正を加えました。その他の短編はすべて書き下ろしです。

著者紹介

著:矢野隆(ヤノタカシ)

矢野隆(やの・たかし)
1976年福岡県久留米市生まれ。2008年『蛇衆』にて第21回小説すばる新人賞を受賞。続けて『無頼無頼ッ!』『兇』『勝負!』など、ニューウェーブ時代小説と呼ばれる作品を手がける。また、『戦国BASARA3 伊達政宗の章』『鉄拳 the dark history of mishima』といったゲームのノベライズ作品も執筆し、注目される。近著に『乱』『弁天の夢 白浪五人男異聞』『清正を破った男』『我が名は秀秋』『生きる故』、共著に『決戦!関ヶ原』『NARUTO シカマル秘伝 闇の黙に浮ぶ雲』『決戦!本能寺』『決戦!川中島』『戦国秘史』『決戦!桶狭間』などがある。

オンライン書店で見る