TOKYO芸能帖 1981年のビートたけし

文芸
トーキョーゲイノウチョウ1981ネンノビートタケシ
TOKYO芸能帖 1981年のビートたけし
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

今という時代とテレビ60年の歴史をクロスさせながら、大衆芸能稼業45年を誇る高田文夫が、自身で「見た」「聞いた」「読んだ」大衆芸能界のあれやこれやのおもしろ話を披露するエッセイ。なかでも、歌謡曲黄金時代から”笑い”がテレビ、ラジオの主流になっていく転換期となった1981年(昭和56年)を描いた一編は珠玉。ビートたけしとともに作り上げた伝説の深夜ラジオ番組「ビートたけしのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)が”革命”と称されるゆえんを、芸能史の流れをもとに読み解く。

目次

  • 開口一番
  • 第1章 パールカラーにゆれる「たいやきくん」
  • 第2章 31番に微笑がえし
  • 第3章 田園調布にナイアガラ
  • 第4章 風天 風眠 五七五
  • 第5章 そんな”ふみお”のひとりごと
  • 第6章 ”火花”散る 笑いのバトル三国志
  • 第7章 我が”芸人この世界”
  • 第8章 団塊たちの銀幕同窓会
  • 第9章 有楽町線で逢いましょう
  • 第10章 三代目 永 ソウルブラザーズ
  • 第11章 1979年のはやり歌たち
  • 第12章 らくご&ドラゴン の・ようなもの
  • 第13章 歌は世につれ 隣の婆さん孫をつれ
  • 第14章 村田だ オレのボルトを出せ
  • 第15章 六八九からフィンガー5
  • 第16章 幻のBOSS これが私のCMネットワーク
  • 第17章 コラム・絡む・クロニクル
  • 第18章 1981年のビートたけし

製品情報

製品名 TOKYO芸能帖 1981年のビートたけし
著者名 著:高田文夫
発売日 2017年03月14日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-220380-7
判型 小B6
ページ数 240ページ
初出 「ジャポニカ芸能帳」小説現代2015年4月号~2016年9月号

著者紹介

著:高田文夫(タカダフミオ)

1948年、東京都渋谷区生まれ。日本大学藝術学部放送学科卒業。放送作家の塚田茂に弟子入り。1973年、『ひらけ! ポンキッキ』で放送作家デビュー。『スターどっきり(秘)報告』『オレたちひょうきん族』『北野ファンクラブ』『笑アップ歌謡大作戦』など数多くの番組に携わり、構成だけでなく出演もした『ビートたけしのオールナイトニッポン』は社会現象にもなった。1983年、落語立川流Bコースに入門し、1988年に立川藤志楼として真打昇進。その翌年から始まった『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』は、現在も続く人気番組となっている。主な著書に『笑芸人しょの世界』『誰も書けなかった「笑芸論」』『私だけが知っている 金言・笑言・名言録』など。また「小説現代」「週刊ポスト」などで連載コラムを執筆中。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV