夫婦のルール

文芸
フウフノルール
夫婦のルール
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

老いてますます輝く90歳と85歳の作家夫妻が明かす、人間関係、そして人生の極意とは?
「僕は嘘つきです」から始まった結婚生活、作家として執筆と子育てに追われた30代、世界を飛び回りながら3人の親を介護し看取った40~50代、様々な危機を越えて人生の第三幕を迎えた夫婦が、ともに歩んだ歳月を振り返り、本音で語り合う夫婦関係の極意。人生の智慧にあふれた大反響作、待望の新書化!

目次

  • はじめに――三浦朱門 結婚生活とは、わが人生を作る場所
  • 第1章  夫婦の人生はいつも想定外 
  • 第2章 夫婦ゲンカで夫が勝ってはいけない
  • 第3章 夫婦も親子も「裏表」があっていい
  • 第4章「子どもに取りつく親」になってはいけない
  • 第5章 何事も「たかが」と思えばうまくいく
  • 第6章 根も葉もあるジョークで「人生をいなす」
  • 第7章 介護は片手間に、葬儀は極秘に
  • 第8章 五〇代から「一人で生きる」準備を始める 
  • 第9章「人と比べる」ところに、不幸が生まれる
  • 第10章「死に方」を考える前にしておくべきこと
  • おわりに――曽野綾子 夫婦で死ぬ日まで成熟していくために

製品情報

製品名 夫婦のルール
著者名 著:三浦 朱門 著:曽野 綾子
発売日 2016年09月16日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-220234-3
判型 新書
ページ数 248ページ
初出 本書は、2014年に小社より刊行の単行本『夫婦のルール』を底本に加筆しました。

著者紹介

著:三浦 朱門(ミウラ シュモン)

三浦朱門(みうら・しゅもん)1926年、東京生まれ。作家。東京大学文学部言語学科卒業。50年、同人誌『新思潮』に加わり作家活動に入る。52年、「斧と馬丁」が芥川賞候補となる。同年、日大芸術学部の助教授に就任。67年、『箱庭』で新潮文学賞受賞。70年、ローマ法王庁よりヴァチカン聖シルベスト勲章受章。83年、芸術選奨文部大臣賞受賞。85年4月~86年まで文化庁長官。99年、文化功労者。04年~14年まで日本藝術院院長。著書に『老年の品格』『老年力』『人生は五十歳から』等多数。

著:曽野 綾子(ソノ アヤコ)

曽野綾子(その・あやこ)1931年、東京生まれ。作家。聖心女子大学卒業。54年、「遠来の客たち」が芥川賞候補となり作家活動に入る。79年、ローマ法王庁よりヴァチカン有功十字勲章を受章。97年、「海外邦人宣教者活動援助後援会」(JOMAS)代表として吉川英治文化賞、読売国際協力賞を受賞。2003年、文化功労者。95年~2005年まで日本財団会長。09年から日本郵政社外取締役。著書に『無名碑』『時の止まった赤ん坊』『天上の青』『老いの才覚』『人間の基本』『人間にとって成熟とは何か』『幸せは弱さにある』等多数。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV