プライベートバンカー カネ守りと新富裕層

ノンフィクション・学芸(単行本)
プライベートバンカーカネモリトシンフユウソウ
  • 電子あり
プライベートバンカー カネ守りと新富裕層
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

大金持ちをタックスヘイブンの国に誘う「カネの傭兵」。それがプライベートバンカーだ。
野村證券のトップセールスマンからプライベートバンカーに転じた主人公が見たのは、本物の大金持ちの世界だった。
シンガポールに移住し、ただ時間が過ぎるのを待つ元大手メーカー会長、若くして300億円を手にしたIT業界の寵児、伝説の相場師、そして脱税を見逃すまいと潜伏する国税庁の美人調査官。
やがて、バンカーの周囲では、カネを巡る詐欺と殺人未遂事件まで発生する。
バンカーが実名で明かす衝撃のノンフィクション!

製品情報

製品名 プライベートバンカー カネ守りと新富裕層
著者名 著:清武英利
発売日 2016年07月12日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-220199-5
判型 四六
ページ数 256ページ
電子版製品名 プライベートバンカー カネ守りと新富裕層
初出 本書は「週刊現代」2014年4月12・19日合併号から同年6月14日号まで連載された「国税は見ていた 第1部」に新たな取材を加え、大幅に加筆・再構成したものです。

著者紹介

著:清武英利(キヨタケヒデトシ)

きよたけ・ひでとし―1950年宮崎県生まれ。立命館大学経済学部卒業後、75年に読売新聞社入社。青森支局を振り出しに、社会部記者として、警視庁、国税庁などを担当。中部本社(現中部支社)社会部長、東京本社編集委員、運動部長を経て、2004年8月より読売巨人軍球団代表兼編成本部長。11年11月、専務取締役球団代表兼GM・編成本部長・オーナー代行を解任され、係争に。現在はノンフィクション作家として活動。著書『しんがり 山一證券 最後の12人』(現在は講談社+α文庫所収)で2014年度講談社ノンフィクション賞受賞。主な著書に『奪われざるもの SONY「リストラ部屋」で見た夢』(講談社+α文庫)、『特攻を見送った男の契り』(WAC BUNKO)など。

オンライン書店で見る