エウレカの確率 経済学捜査員VS.談合捜査

文芸
エウレカノカクリツケイザイガクソウサインバーサスダンゴウソウサ
  • 電子あり
エウレカの確率 経済学捜査員VS.談合捜査
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

奥西建設の会社員・飯田功の死体が、自宅マンション近くの崖下から発見された。現場に遺書が残されていたことから警察は自殺と判断、捜査を終える。働き盛りの男が、幼子を残して突然自殺するはずがない――。経済学の理論で事件を解決してきた異色の捜査員・伏見真守は疑問を覚え、人事交流で来日していた中国公安部のエリート捜査官・王花琳とともに再調査に乗り出す。
捜査の中で浮上する談合疑惑、建築偽装、裏金問題。建築業界の黒い裏側を目の当りにしつつ、伏見が見つけた真実とは?

犯人の勝ち逃げは100%許さない!
新感覚経済学ミステリ第3弾!!

製品情報

製品名 エウレカの確率 経済学捜査員VS.談合捜査
著者名 著:石川 智健
発売日 2016年09月14日
価格 定価 : 本体1,550円(税別)
ISBN 978-4-06-220188-9
判型 四六変型
ページ数 288ページ
電子版製品名 エウレカの確率 経済学捜査員VS.談合捜査

著者紹介

著:石川 智健(イシカワ トモタケ)

1985年神奈川県生まれ。『グレイメン』で2011年にゴールデン・エレファント賞第2回大賞を受賞。2012年に同作品が日米韓で刊行となり作家デビュー。現在は医療系企業に勤めながら、執筆活動に励む。経済学捜査員のシリーズとして『エウレカノ確率 経済学捜査員とナッシュ均衡の殺人』、他の著作に『もみ消しはスピーディーに』、『60 tとfの境界線』(ともに講談社)などがある。

オンライン書店で見る