あなたの生産性を上げる8つのアイディア

ノンフィクション・学芸(単行本)
アナタノセイサンセイヲアゲルヤッツノアイディア
  • 電子あり
あなたの生産性を上げる8つのアイディア
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本書は、生産性の秘密に関する私の調査の報告であり、どうして群を抜いて生産性の高い人や企業と、生産性の低い人や企業があるのか、両者の違いは何か、という問いに対する答えである。(「はじめに」より)

1. 新兵の「やる気」を引き出した、ブートキャンプの改革とは?
2. グーグルが見つけた、成功するチームの「規範」とは?
3. 墜落した飛行機のコックピットで、操縦士はなぜ「注意力」を失ったのか?
4. GE社員を変えた、「ToDoリスト」の作り方とは?
5. GMの工場を効率アップさせた、「トヨタ生産方式」とは?
6. ポーカーの賞金王は、「確率論的思考」と「決断力」をどう磨いたか?
7. 「イノベーション」を加速させた『アナと雪の女王』はなぜ大ヒットしたのか?
8. 落ちこぼれ公立校を救った、「データ」の使い方とは?

――本書で述べたアイディアを実践すれば、チームが、組織が、そして私たちの誰もがより生産的になれる。
『習慣の力』の著者が解き明かす、生産性を向上させるシンプルで奥深い秘密!

目次

  • はじめに
  • 第1章 やる気を引き出す
  • ―ブートキャンプ改革、老人ホームの反乱と指令中枢
  • 第2章 チームワークを築く
  • ―グーグル社の心理的安全と「サタデー・ナイト・ライブ」
  • 第3章 集中力を上げる
  • ―認知のトンネル化、墜落したエールフランス機とメンタルモデルの力
  • 第4章 目標を設定する
  • ―スマートゴール、ストレッチゴールと第4次中東戦争
  • 第5章 人を動かす
  • ―リーン・アジャイル思考が解決した誘拐事件と信頼の文化
  • 第6章 決断力を磨く
  • ―ベイズの定理で未来を予測(して、ポーカーに勝つ方法)
  • 第7章 イノベーションを加速させる
  • ―アイディア・ブローカーと『アナと雪の女王』を救った創造的絶望
  • 第8章 データを使えるようにする
  • ―情報を知識に変える、市立学校の挑戦
  • 付録―本書で述べたアイディアを実践するためのガイド

製品情報

製品名 あなたの生産性を上げる8つのアイディア
著者名 著:チャールズ・デュヒッグ 訳:鈴木 晶
発売日 2017年08月30日
価格 定価 : 本体1,900円(税別)
ISBN 978-4-06-220179-7
判型 四六
ページ数 352ページ
電子版製品名 あなたの生産性を上げる8つのアイディア

著者紹介

著:チャールズ・デュヒッグ(チャールズ・デュヒッグ)

「ニューヨーク・タイムズ」紙記者。1974年生まれ。イェール大学、ハーバード大学ビジネススクール卒業。ビジネス関連の記事を中心に執筆。これまでジェラルド・ローブ賞、ジョージ・ポーク賞ほか、ジャーナリズム関係の受賞歴多数。講演活動も積極的に行っている。著書に『習慣の力 The Power of Habit』(渡会圭子訳、講談社)。

訳:鈴木 晶(スズキ ショウ)

1952年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業、同大学大学院博士課程満期修了。法政大学国際文化学部教授。専門は文学、精神分析学、舞踊学。おもな訳書にフロム『愛するということ』(紀伊國屋書店)、ドラーイスマ『なぜ年をとると時間の経つのが速くなるのか』(講談社)など多数。

オンライン書店で見る