講談社アニメ絵本 ルドルフとイッパイアッテナ

講談社の絵本
コウダンシャアニメエホンルドルフトイッパイアッテナ
原作:斉藤 洋 構成、文:小宮山 みのり
  • 電子あり
  • 映像化
講談社アニメ絵本 ルドルフとイッパイアッテナ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

魚屋のおじさんに追われて飛び込んだ長距離トラックで、大都会東京に運ばれてしまった子猫のルドルフ。そこで出会ったのは、大きなボス猫・イッパイアッテナ。
町でもっとも恐れられているイッパイアッテナは、ひとりぼっちのルドルフに、のら猫として生きていくすべを教えます。しかし、そのイッパイアッテナにもなにか秘密があるようで……。はたしてルドルフは大好きな飼い主の元に戻ることができるでしょうか!? 児童文学の名作を原作とする映画「ルドルフとイッパイアッテナ」のアニメ絵本です。(6歳から小学校低学年むけ)

製品情報

製品名 講談社アニメ絵本 ルドルフとイッパイアッテナ
著者名 原作:斉藤 洋 構成、文:小宮山 みのり
発売日 2016年07月16日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-220127-8
判型 AB
ページ数 112ページ
電子版製品名 講談社アニメ絵本 ルドルフとイッパイアッテナ

著者紹介

原作:斉藤 洋(サイトウ ヒロシ)

斉藤洋(さいとうひろし)
1952年、東京都生まれ。中央大学大学院文学研究科修了。1986年、『ルドルフとイッパイアッテナ』で講談社児童文学新人賞受賞、同作でデビュー。1988年、『ルドルフともだちひとりだち』で野間児童文芸新人賞受賞。1991年、『ルドルフとイッパイアッテナ』『ペンギンハウスのメリークリスマス』により路傍の石幼少年文学賞受賞。2013年、『ルドルフとスノーホワイト』で野間児童文芸賞を受賞。ほかの作品に幼年童話「ペンギン」シリーズ(高畠純・絵)や「おばけずかん」シリーズ(宮本えつよし・絵)、絵本「しょうがっこうへ いこう」(田中六大・絵)など多数がある。

構成、文:小宮山 みのり(コミヤマ ミノリ)

小学校の教諭を経て、子どもの本の編集と翻訳で活躍する。

オンライン書店で見る