半減期を祝って

文芸
ハンゲンキヲイワッテ
  • 電子あり
半減期を祝って
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「ニューヨーク、ニューヨーク」
「ニューヨークのことなら、なんでもわたしにきいて」これが別れた妻の生前の口癖。息子の口から語られる意外な話に、男は別れてからの妻の生き方に思いを馳せる。

「オートバイ、あるいは夢の手触り」
百年近く昔、南太平洋にあるフランスの植民地から本国に、ひとりの白人女性が一台のオートバイを注文した─。
フランスの海外県からやってきた女子留学生が語る、彼女の曾祖母の奇妙な物語。

「半減期を祝って」
みなさま、おなじみのセシウム137は無事、半減期を迎えました。祝いましょう! 「愛国少年(少女)団」(ASD)が闊歩し、トウホクが差別されるあり得べき30年後のニホン。

製品情報

製品名 半減期を祝って
著者名 著:津島 佑子
発売日 2016年05月16日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-220087-5
判型 四六
ページ数 112ページ
電子版製品名 半減期を祝って
初出 「ニューヨーク、ニューヨーク」…「群像」2014年2月号/『変愛小説集 日本作家編』(岸本佐知子・編 講談社)所収、「オートバイ、あるいは夢の手触り」…「群像」2016年2月号、「半減期を祝って」…「群像」2016年3月号。

著者紹介

著:津島 佑子(ツシマ ユウコ)

津島佑子(つしま・ゆうこ)
1947年、東京都生まれ。白百合女子大学卒。「寵児」で第17回女流文学賞、『光の領分』で第1回野間文芸新人賞、『黙市』で第10回川端康成文学賞、『夜の光に追われて』で第38回読売文学賞、『火の山──山猿記』で第34回谷崎潤一郎賞、第51回野間文芸賞、『ナラ・レポート』で平成16年度芸術選奨文部科学大臣賞、第15回紫式部文学賞、『黄金の夢の歌』で第53回毎日芸術賞を受賞。他の著書に『あまりに野蛮な』『葦舟、飛んだ』『ヤマネコ・ドーム』『ジャッカ・ドフニ 海の記憶の物語』などがある。2016年2月18日死去。

オンライン書店で見る