キッチン戦争

文芸
キッチンセンソウ
  • 電子あり
キッチン戦争
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

隠れ家という名のフレンチ・レストラン「Cachette カシェット」。
オーナーの山岸に声をかけられ、この店のキッチンで働くことになった滝沢葉月。実は、オーナーには遠大な計画があったのだ。
ある日、オーナーに呼ばれた葉月は、自分が料理コンクールの一次予選に通過したことを知らされる!? もちろん、葉月は応募していない。実は、葉月が入店する前に、店の料理長・荒木とソーシエ・細川の二人が創った料理を、山岸が葉月の名前でコンクールに応募していたのだ!
戸惑う葉月……。実は、滝沢葉月の祖父は、戦後はじめて世界的なフランス料理のコンクールで優勝した滝沢征爾だった。
しかし、祖父とはほとんど縁のなかった葉月。
言葉を失う葉月に、山岸は「女性のシェフが活躍する世界をつくりたい!」という思いを語る。
ようやくコンクール出場の決意を固めた葉月。
自身のルーツとは? オリジナルとは何か? そして物を創るということとは? 次々に起こる難問に向き合いながら、葉月の「美味しい闘い」が始まった!

製品情報

製品名 キッチン戦争
著者名 著:樋口直哉
発売日 2015年12月09日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-219874-5
判型 四六変型
ページ数 288ページ
電子版製品名 キッチン戦争
初出 「小説現代」2015年1月号~9月号。

著者紹介

著:樋口直哉(ヒグチナオヤ)

樋口直哉(ひぐち・なおや)
一九八一年五月一九日、東京都生まれ。服部栄養専門学校卒業。フランス料理の料理人としても知られている。
二〇〇五年、「さよなら アメリカ」で群像新人文学賞を受賞しデビュー。同作は芥川龍之介賞の候補にもなった。その後、『月とアルマジロ』『大人ドロップ』(二〇一四年映画化)『星空の下のひなた』『ヒマワリのキス』『アクアノートとクラゲの涙』『スープの国お姫様』などの作品を発表している。

オンライン書店で見る