東京者がたり

文芸
トウキョウモノガタリ
  • 電子あり
東京者がたり
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「東京はいかに私小説作家を形作ったのか」。
私小説作家として、その生き様と人柄が人気を博す西村賢太氏。デビュー作『どうで死ぬ身の一踊り』から、芥川賞受賞作『苦役列車』など、さまざまな作品群の中に描かれてきた東京。西村氏自身が東京江戸川区に生まれ、一五歳から東京を流浪してきたその生き様とともに、土地の思い出と出来事、そして現在への系譜を語る、まさにその創作の根源に迫る随筆集です。
巻末には、小説『新宿スペースインベーダー』などの作品もある、新宿生まれの新宿育ちの・玉袋筋太郎氏との対談も収録します。

目次

  • 東京者がたり 目次
  •  はじめに
  • 後楽園球場
  • 隅田川
  • 蒲田
  • 早稲田
  • 上野1
  • 上野2
  • 染井墓地
  • 御徒町
  • 鶯谷1
  • 鶯谷2
  • 旧花園町1
  • 旧花園町2
  • 九段坂
  • 下北沢
  • 錦糸町
  • 音羽
  • 築地市場
  • 東京駅
  • 青山
  • 上野桜木町
  • 神宮球場
  • 新東海橋
  • 亀戸
  • 言問通り
  • 北区三景
  • 大森
  • 白金台
  • 日暮里1
  • 日暮里2
  • 神楽坂の銭湯
  • 神田川
  • 新宿二丁目の病院
  • 芝公園
  •  特別収録
  •  「東京者対談」玉袋筋太郎×西村賢太
  •  
  • 東京者がたり

製品情報

製品名 東京者がたり
著者名 著:西村 賢太
発売日 2015年10月20日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-219794-6
判型 四六
ページ数 210ページ
電子版製品名 東京者がたり
初出 「小説現代」2012年2月号~9月号、11月号、2013年1月号、3月号、5月号、6月号、8月号、11月号~2014年11月号、2015年1月号~4月号、6月号~8月号。巻末特別収録 東京者対談…「小説現代」2015年9月号。

著者紹介

著:西村 賢太(ニシムラ ケンタ)

西村 賢太(にしむら けんた)
一九六七年七月一二日、東京都江戸川区生まれ。中卒。二〇〇七年、『暗渠の宿』で第二九回野間文芸新人賞を、二〇一一年、「苦役列車」で第一四四回芥川龍之介賞を受賞。著書に『どうで死ぬ身の一踊り』『二度は行けぬ町の地図』『小銭をかぞえる』『廃疾かかえて』『随筆集 一私小説書きの弁』『人もいない春』『寒灯・腐泥の果実』『西村賢太対話集』『一私小説書きの日乗』『棺に跨がる』『歪んだ忌日』『けがれなき酒のへど 西村賢太自選短篇集』『一私小説書きの日乗 憤怒の章』『薄明鬼語 西村賢太対談集』『随筆集 一私小説書きの独語』『やまいだれの歌』『下手に居丈高』『一私小説書きの日乗 野性の章』『無銭横町』『痴者の食卓』などがある。

オンライン書店で見る