暮らしを彩る愉しみ 京都の時間

講談社の実用書
クラシヲイロドルタノシミキョウトノジカン
暮らしを彩る愉しみ 京都の時間
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

四百年の歴史を誇る唐紙の老舗「唐長」十一代目千田堅吉氏の長女・千田愛子さんが、独自の視点で切り取った京都案内。自らプロデュースする「KIRA KARACHO」で提案している、現代のライフスタイルに合う唐紙の取り入れ方の他、四季折々の京都の見どころ、祇園祭をはじめ京都の行事の魅力、とっておきの場所やお店、味など、京都で過ごす時間の愉しみ方を紹介します。

目次

  • 第一章■唐紙に彩られた時間
  • KIRAKARACHOのこと、唐紙をインテリアで楽しむ5つの方法、唐紙のランチョンマット&コースター、北欧家具と唐紙 など。
  • 第二章■季節を感じるひととき
  • 毘沙門天の大福を授かりに鞍馬寺へ、だるまだらけな節分、御所の梅と桃、お花見はいつも京都府庁で、ピンクのグラデーション! 平安神宮近くの枝垂れ桜、祇園祭のお楽しみ、秋の北山通り、赤山禅院で紅葉の色の重なりに思いを馳せる など
  • 第三章■お気に入りの場所・もの・時間
  • 護王神社で結婚式、華麗な明治の洋館 長楽館へ、京都洋館めぐり、わたしの着物の愉しみ方 など
  • 第四章■おいしいひととき  ~京都の味をあれこれ~
  • 食卓に欠かせないあの味この味、ぴりりっと料理をおいしくする我が家の定番、、「下賀茂 茶寮宝泉」「然花抄院」のカフェ、甘いものを少し…… など

製品情報

製品名 暮らしを彩る愉しみ 京都の時間
著者名 著:千田 愛子
発売日 2015年09月25日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-219704-5
判型 四六
ページ数 144ページ

著者紹介

著:千田 愛子(センダ アイコ)

せんだ・あいこ。江戸時代から続く唐紙の老舗「唐長」11代目当主である千田堅吉の長女。夫であるトトアキヒコとともに、唐長を世界と後世に伝えるための活動をしている。当主自らが唐長のDNAとしての色感覚を一番受け継いでいると認める感性を活かし、KIRA KARACHOブランドのプロデュースや、現代のライフスタイルに合う唐紙の使い方の提案をしている。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV