風の如く 久坂玄瑞篇

文芸
カゼノゴトククサカゲンズイヘン
  • 電子あり
風の如く 久坂玄瑞篇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

松下村塾に入門したことで、後の傑物たちと出会い、日本の将来について考えることになった平九郎。だが吉田松陰は処刑される。師を失った高杉晋作、久坂玄瑞、平九郎たちは集まり、松陰の遺志を継ぐことを誓う。将軍など飾り物に過ぎず、幕府を切り捨てるべきだという極論に彼らはたどり着くが……。平九郎たちは、日本に新たな夜明けを見せることができるのか。

目次

  • 第一部 桜田門外の変
  • 第二部 航海遠略策
  • 第三部 寺田屋事件
  • 第四部 奇兵隊
  • 第五部 蛤御門の変

製品情報

製品名 風の如く 久坂玄瑞篇
著者名 著:富樫倫太郎
発売日 2015年06月17日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-219550-8
判型 四六変型
ページ数 424ページ
電子版製品名 風の如く 久坂玄瑞篇
初出 「小説現代」2013年12月号~2014年12月号掲載。

著者紹介

著:富樫倫太郎(トガシリンタロウ)

1961年、北海道生まれ。1998年に第4回歴史群像大賞を受賞した『修羅の跫』でデビュー。警察小説「SRO 警視庁広域捜査専任特別調査室」シリーズ、『早雲の軍配者』『信玄の軍配者』『謙信の軍配者』の「軍配者」シリーズをはじめとする時代・歴史小説など、幅広いジャンルで活躍。

オンライン書店で見る