無名亭の夜

文芸
ムメイテイノヨル
著:宮下遼
  • 電子あり
無名亭の夜
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

極東の島国・日本。場末の「店」で「彼」は、店主の従兄弟が語る不思議な物語に耳を傾ける。それは、遙か遠いオスマン帝国の時代、皇帝の近衛兵となった「少年」が、詩に魅せられ、当代一の語り手へと登りつめるめくるめく物語だった──。
時空を往還しながら、物語を形作る七つの神秘に迫る、七夜の旅。壮大な世界観と文学的な仕掛けに満ちた野心作!

製品情報

製品名 無名亭の夜
著者名 著:宮下遼
発売日 2015年08月25日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-219516-4
判型 四六
ページ数 224ページ
電子版製品名 無名亭の夜
初出 「無名亭の夜」…「群像」2014年12月号、「ハキルファキル」…「群像」2013年10月号。

著者紹介

著:宮下遼(ミヤシタリョウ)

81年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。現在、大阪大学言語文化研究科講師。訳書に、オルハン・パムク『わたしの名は赤』『雪』『無垢の博物館』他。

オンライン書店で見る