ハイヒールは女の筋トレ 美の基礎代謝をあげる82の小さな秘密

ノンフィクション・学芸(単行本)
ハイヒールハオンナノキントレビノキソタイシャヲアゲルハチジュウニノチイサナヒミツ
  • 電子あり
ハイヒールは女の筋トレ 美の基礎代謝をあげる82の小さな秘密
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

美人って、他のひとと、どこが違うんだろう?
生まれつきの美人というのは案外、「美」に無頓着で、加齢とともに劣化していくひとが多かったりします。
はたまた、TVで人気の美人タレントや美人セレブは、よーく観察してみると、顔の造作よりも、実は「美人に見えるひと」だった、と気づいたりすることもーー。
そこで、美容ジャーナリストとして、多くの女優、美容研究家たちに取材を重ねた著者が、「美人」の楽屋裏、「華あるひと」の正体について、改めて考察したのが本書です。
美に効く言葉、美人の法則、美人の心得……。知れば誰でも「美人にみえる」&美の基礎代謝があがる、82の秘密を紹介!

目次

  • 第一章 聞く~美人をつくる「言葉」
  • ・幸せをつくる力は、筋肉でできている
  • ・「顔立ち」より、「顔つき」が大事
  • ・ハイヒールは女の筋トレ
  • ・予定はいつも、6割。「サプライズ」が起こる余裕を残しておくために
  • ・まな板の音で、女の「機嫌」がわかります
  • ・肌をほったらかしにしている人は信用できない、肌に必死になっている人はもっと信用できない
  • ・「忙しい」って失礼なこと
  • ・美しく老いるには、知性が必要なんです
  • 第二章 見る~美人の「法則」を分析する
  • ・体重より軽く見えるひと
  • ・「無造作」でも疲れて見えない、「きちんと」でも野暮に見えない
  • ・空が好きなひとには美しいひとが多い
  • ・トレンドを、「知性」で無視できる
  • ・「白」と「黒」をどんな鮮やかな色よりも派手に着られる
  • ・内容もタイミングも、「報告」上手
  • ・パートナーのことが大好きな人生と、そうでもない人生
  • 第三章 感じて、考える~美人の「心得」
  • ・「小さな遅刻」がエレガンスを奪う
  • ・髪と爪は、女の「社会性」
  • ・「美醜は伝染(うつ)る」と肝に銘じる
  • ・寝る肌は育つ、寝る体は痩せる
  • ・「痩せる」意欲より、「太らない」意識
  • ・「ありがとう」以上の気持ちを伝えられる
  • ・あなたは「母親」が透けて見えるひとですか?
  • ・服の形や口紅の色が印象に残らないひとが、最上級のいい女

製品情報

製品名 ハイヒールは女の筋トレ 美の基礎代謝をあげる82の小さな秘密
著者名 著:松本 千登世
発売日 2015年04月22日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-219456-3
判型 新書
ページ数 176ページ
電子版製品名 ハイヒールは女の筋トレ 美の基礎代謝をあげる82の小さな秘密
初出 本書は、「DRESS」2014年11月号、12月号「DRESSな女、100の定義」(gift)、「FRaU」2014年11月号「日々の筋トレ、なるほどカルタ」(講談社)の一部を大幅加筆、修正、新規に書きおろししたものです。

著者紹介

著:松本 千登世(マツモト チトセ)

美容ジャーナリスト、エディター。1964年、鳥取県生まれ。神戸女学院大学卒業後、航空会社の客室乗務員、広告代理店勤務を経て、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に勤務。その後、講談社「Grazia」編集部専属エディター&ライターの活動を経て、フリーランスに。美容を中心に、人物インタビューやファッションページなど、幅広く手掛ける。
女優、モデル、美容研究家、ヘア&メイクアーティストなどへの多くの取材で得た知識、視点に定評があり、現在「Hanako」「GLOW」「DRESS」などでエッセイを連載中。
著書『美人に見える「空気」のつくり方 きれいの秘訣81』『美人をつくる逆転の法則 大人の美容53』(講談社)も好評。

オンライン書店で見る