誰も書けなかった「笑芸論」 森繁久彌からビートたけしまで

文芸
ダレモカケナカッタショウゲイロンモリシゲヒサヤカラビートタケシマデ
誰も書けなかった「笑芸論」 森繁久彌からビートたけしまで
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「笑い」と共に生きてきた伝説の放送作家だからこそ、ここまで書けた!森繁からたけしまで、その伝説のすべてを晒す「体験的笑芸論」
第一章 「体験的・笑芸六〇年史」 
森繁久彌の横の家に生まれ、森繁氏の庭の柿を盗み、子犬まで捨ててしまった少年時代。日大落語研究会で森田芳光の先輩として飲み歩いた日々。塚田茂に弟子入りし、預けられた「ドリフ」の毎週続く地獄の会議。
森繁久彌、三木のり平、青島幸男、渥美清、林家三平、永六輔、古今亭志ん朝、森田芳光、立川談志、三波伸介、景山民夫、大滝詠一、坂本九
番外編 脱線トリオ、クレイジーキャッツ、コント55号、ザ・ドリフターズ を収録。

第二章 「ビートたけしと笑芸の夜明け」
「浅草にすげぇ奴がいる!」という噂を聞きつけ足を運んだ浅草で出会ったビートたけし。その出会いから伝説の「オールナイトニッポン」まで。笑いの歴史を塗り替えた瞬間を、その横で「バウ、バウ!」と目の当たりにした著者がすべて語る。

第三章 「東京の笑芸私史」
東京の笑いの中心・有楽町日劇ホール。戦後の「笑い」から現在の東京の「笑い」への系譜を、場所と出来事・人を縦横に繋ぎ浮かび上がらせた、私的笑芸六十年史。

目次

  • 誰も書けなかった「笑芸論」 森繁久彌からビートたけしまで
  • 第一章体験的・笑芸六〇年史 
  • 森繁久彌
  • 三木のり平
  • 青島幸男
  • 渥美清
  • 林家三平
  • 永六輔
  • 古今亭志ん朝
  • 森田芳光
  • 立川談志
  • 三波伸介
  • 景山民夫
  • 大滝詠一
  • 坂本九
  • 番外編
  •  脱線トリオ、クレイジーキャッツ、コント55号、ザ・ドリフターズ
  • 第二章 ビートたけし誕生
  • 第三章 東京の笑芸私史

製品情報

製品名 誰も書けなかった「笑芸論」 森繁久彌からビートたけしまで
著者名 著:高田文夫
発売日 2015年03月09日
価格 定価 : 本体1,250円(税別)
ISBN 978-4-06-219400-6
判型 小B6
ページ数 240ページ
初出 第一章、第二章「小説現代」2013年2月号~2014年11月号、第三章 書き下ろし。

著者紹介

著:高田文夫(タカダフミオ)

1948年6月25日、東京都渋谷区生まれ。日本大学藝術学部放送学科卒業。放送作家の塚田茂に弟子入りし、「スタッフ東京」設立に参加。1973年、『ひらけ!ポンキッキ』で放送作家デビュー。その後、『笑ってポン!』『スターどっきり(秘)報告』『夜のヒットスタジオ』『オレたちひょうきん族』『三波伸介の凸凹大学校』などを手掛け、1981年放送開始の『ビートたけしのオールナイトニッポン』は社会現象ともなった。1983年立川談志の落語立川流Bコースに入門。その後、立川 藤志楼として真打に昇進した。1989年放送開始の『ラジオビバリー昼ズ』は現在も続く人気番組となっている。著書に『だから私は笑わせる』『民夫くんと文夫くん あのころ君はバカだった』(景山民夫氏との共著)『正しい団塊の世代白書』『ビートたけしの三国一の幸せ者』(ビートたけしとの共著)『笑芸日記 一九九六-二〇〇五』『ビートたけしのオールナイトニッポン傑作選!』『大衆芸能ざんまい 娯楽・極楽・お道楽』(1~4巻)『ニセ夫婦漫才 笑いひと筋23年  信頼のラジオビバリー昼ズ』など多数。そのほか『落語ファン倶楽部』の編集人も勤めるている。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV