森女と一休

講談社ENT!
シンジョトイッキュウ
  • 電子あり
森女と一休
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 室町時代に登場した一休禅師(1394~1481)は「頓智の一休さん」として子供にも知られていますが、彼の実像は、そんな「愉快なお坊さん」からほど遠いものでした。
 北朝最後の天皇・後小松帝の落胤として生まれ、南朝出身の母と嵯峨野の民家で息を潜めて暮らします。6歳で身の安全のために出家させられますが、一度は自殺を試みます。近江の堅田にいた華叟(かそう)という厳しい禅師に出会い、年老いた師に献身的に仕えます。しかし、華叟が亡くなると一転「風狂の人」となり、堺に移って放蕩のかぎりを尽くします。
 当時の禅宗は室町幕府の庇護を受け、僧侶が漢詩の巧拙を競いあう貴族的なサロンと化していました。一休は虚構に満ちた仏教界に嫌悪を抱き、足利義政と日野富子の幕政を批判します。常識に囚われない自由滑脱の禅の神髄を身をもって示そうと、あえて肉と魚を喰らい、酒をあおり、男色を貪り、遊郭に出入りし、町の娘に子供を産ませたりしました。破戒のかぎりを尽くしましたが、晩年10年間は「森女」という40歳以上も若い盲目の女芸人と同棲しました。
 本書は、この森女と一休の物語が中心となります。
 森女と出会ってからの一休は、それまでの権威を敵視するような過激さが消え、優しさを見せます。80歳で大徳寺(臨済宗大本山)の住職となり、乱で焼けた伽藍を復興します。森女との交情のうちに人の道を見出し、真に無我無欲の境地を味わったのです。
 「仏界入りやすく、魔界入りがたし」という一休の言葉があります。型通りの修行をして得る悟りなど使い物にならず、己のうちに潜む魔性に触れた時こそ、本物の悟りが開けてくる。自らの体験からそう理解したのです。そして、応仁の乱後の日本人の精神を復興し、文化人としても能、茶の湯、俳句の原型を創造するという偉業をなしました。大陸由来ではない、自然と一体となった日本独自の文化は、一休から始まるのです。
 一休の魅力は人生と思想が一致し、その生涯を知るほどに味わいが深くなる点。天皇・庶民どちらとも親しく交流し、悪を憎まず偽善を憎み、戦乱の世にひと筋の光を示した一休の愛を描きます。

目次

  • 第一章 傷ついた魂
  • 第二章 禅門の学び
  • 第三章 仏界入り易し
  • 第四章 聖胎長養の日々
  • 第五章 逆行三昧
  • 第六章 盲女琵琶
  • 第七章 魔界入り難し

製品情報

製品名 森女と一休
著者名 著:町田 宗鳳
発売日 2014年11月20日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-219249-1
判型 四六
ページ数 288ページ
電子版製品名 森女と一休

著者紹介

著:町田 宗鳳(マチダ ソウホウ)

1950年京都府に生まれる。中学2年の14歳で出家し、臨済宗大本山大徳寺(中興の祖が一休)で修行。1984年に寺を離れて渡米。ハーバード大学でキリスト教神学の修士号、法然研究によりペンシルバニア大学より博士号を取得。プリンストン大学助教授、国立シンガポール大学准教授、東京外国語大学教授を経て現在は広島大学大学院総合科学研究科教授。国際教養大学客員教授、広島大学環境平和学プロジェクト研究センター所長、早稲田大学国際言語文化研究所招聘研究員、日本宗教学会評議員。専門は比較宗教学、比較文明学、生命倫理学。また、ボイスヒーリング「ありがとう禅」、教養セミナー「そうほう塾」「ありがとう断食セミナー」を国内外で開催している。
著書には『山の霊力』『法然対明恵』(以上、講談社)、『人類は「宗教」に勝てるか』『法然・愚に還る喜び』(以上、NHKブックス)、『異端力』(祥伝社新書)、『愚者の知恵』『人の運は小食にあり』(以上、講談社+α新書)、小説に『法然の涙』(講談社)、『光りの海』(法蔵館)などがある。

オンライン書店で見る