自分に水をやる 心が乾いてしまう前に読む、はぐくみの言葉

講談社の実用書
ジブンニミズヲヤルココロガカワイテシマウマエニヨムハグクミノコトバ
自分に水をやる 心が乾いてしまう前に読む、はぐくみの言葉
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

■「何をしたいのかを常にはっきりさせておかねばなりません。そうしないと周りから何をしているのか?と言われてしまいます」
■「その時その時で自分が何をファーストチョイスするかを自分に聞いてごらんなさい」
■「燃えるものは常に自分で補給すればいいのです」
■「子育てでも何でも自分ひとりでやろうとしなくても良いのです。その時やれるひとがやればいい」

…など、87歳にして現役女医であり、自らも子育てしながら仕事に邁進してきた著者の「力強く」「凛」としていて「心に響く」言葉を、迷いながら仕事をしたり、不安な気持ちで子供を育てている女性たちに向け語ったエッセイ。厳しいながらも心にしみ込んで、やがて「生きるよりどころとなるような言葉」に満ちた一冊です。

目次

  • 第1章 願いを叶えるために
  • 第2章 自分を育てる
  • 第3章 岐路に立つ人へ
  • 第4章 無理をしてしまうあなたに
  • 第5章 慈しむということ
  • 第6章 働くコツ

製品情報

製品名 自分に水をやる 心が乾いてしまう前に読む、はぐくみの言葉
著者名 著:五島 瑳智子
発売日 2014年10月31日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-219155-5
判型 四六
ページ数 160ページ

著者紹介

著:五島 瑳智子(ゴトウ サチコ)

千葉県生まれ。87歳。医師。東邦大学名誉教授。東邦大学医療短期大学設立に力を注ぎ、1985年開学から東邦大学に合併された2001年まで学長を歴任。桜蔭中学・高校卒業、戦争中に福島医大に進学、帝国女子医専で小児科医となる。東邦社会福祉法人鶴風会東京小児療育病院みどり愛育園理事として、病院の設立から運営まで30年間心血を注ぐぎ、2004年より理事長。1971年~93年東邦大医学部 微生物感染症学講座教授。2005年4月~2014年3月、桜蔭学園理事。長年小児医療に貢献した医者に贈られる「吉岡弥生賞」受賞。2003年11月、瑞宝小綬章受章。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV