レミングスの夏

文芸
レミングスノナツ
  • 映像化
レミングスの夏
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

僕たちは、あの夏から出られない――。
人生を賭けた少年たちの計画が、変わりゆく街と許されざる罪に鉄槌を下す。
少年たちのひと夏。青春と断罪のミステリー!

『襲名犯』で第59回江戸川乱歩賞を受賞。
東野圭吾氏、桐野夏生氏、今野敏氏らの絶賛を受け、華々しくデビューした
若き乱歩賞作家、感涙必至! 魂の受賞第一作!!


「レミングは自殺しない。集団で移動して、海や川を渡るんだ。必死で……新天地に向かうために」
計画の先に辿り着く。必ず、全員で――。

誰の心にもある、中学時代の甘く、苦く、切ない思い出。
80年代生まれの新鋭が綴るどこか懐かしい筆致が、あなたの心の奥をノックします。

製品情報

製品名 レミングスの夏
著者名 著:竹吉 優輔
発売日 2014年09月02日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-219134-0
判型 四六変型
ページ数 320ページ

著者紹介

著:竹吉 優輔(タケヨシ ユウスケ)

1980年茨城県生まれ。二松学舎大学文学部卒業後、東洋大学大学院で文学を専攻。茨城の図書館で司書として働くかたわら、小説執筆をつづける。『襲名犯』で第59回江戸川乱歩賞を受賞。念願の作家デビューを果たす。