習近平は必ず金正恩を殺す

ノンフィクション・学芸(単行本)
シュウキンペイハカナラズキムジョンウンヲコロス
  • 電子あり
習近平は必ず金正恩を殺す
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 中朝開戦の必然――アメリカがバックに控える日本、ベトナム、フィリピンとは、絶対に戦争ができない中国……国内に鬱積する不満を解消するためには、中国で最も嫌われている人物、すなわち金正恩を殺すしかない!
 1989年の天安門事件や1990年の金丸訪朝を直接取材し、2002年と2004年の小泉訪朝団に随行した著者の、25年にわたる中朝取材の総決算!!

目次

  • 第1章 中国人が金正恩をバカにする背景
  • 第2章 習近平が金正恩を大嫌いな理由
  • 第3章 「親中派」張成沢粛正の全舞台裏
  • 第4章 習近平が金正恩を殺す方法
  • 第5章 中国が北朝鮮に戦争を挑む必然

製品情報

製品名 習近平は必ず金正恩を殺す
著者名 著:近藤大介
発売日 2014年08月27日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-219123-4
判型 四六
ページ数 288ページ
電子版製品名 習近平は必ず金正恩を殺す

著者紹介

著:近藤大介(コンドウダイスケ)

近藤大介(こんどう・だいすけ)

1965年生まれ、埼玉県出身。東京大学卒業後、「月刊現代」「週刊現代」「フライデー」などで記者・編集者を務める。2009年から2012年まで講談社(北京)文化有限公司副社長。現在、「週刊現代」編集次長、明治大学講師(東アジア論)。中国を中心とした東アジア問題の研究をライフワークとする。
著書には、『日中「再」逆転』『対中戦略』(以上、講談社)、『深紅の華』(廣済堂出版)、『中国人の常識は世界の非常識』(ベスト新書)、『「中国模式」の衝撃』(平凡新書)などがある。

オンライン書店で見る