怪談四代記 八雲のいたずら

文芸
カイダンヨンダイキヤクモノイタズラ
怪談四代記 八雲のいたずら
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 1904年、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が「耳なし芳一のはなし」「雪女」などを収録した怪奇文学作品集『怪談(KWAIDAN)』を発表。
 それから110年、曾孫(ひまご)や玄孫(やしゃご)の時代になった現在の小泉家でも、いろいろな怪談が語り継がれ、そして不可思議な出来事が多発するという。
「カラスの因縁」「如意輪観音の呪い」「三途の川」「仏壇」など、あまり活字として出てこなかった小泉家の怪談や、親族ならではの考察を交えた小泉家の評伝・エピソードの全てがこの一冊に。
 八雲の曾孫で民俗学者・小泉凡が、怪談を愛する現代人、そして曾祖父におくる怪談逸話集。まさに110年ぶりの新刊!

目次

  • はじめに
  • 第1章 キャサリンから聞いた話
  •      三つのお願い
  •      聴き耳
  • 第2章 キシラ島二つの奇跡
  • 第3章 続くギリシャでの邂逅
  • 第4章 異界への想像力-アイルランドの不思議な出会い
  •      バンシー
  •      二つの邂逅--2012年のアイルランドで
  •      ハッピー・ゴースト
  •      ゴーストツアー
  • 第5章 クレオールの霊性
  • 第6章 ハーンは狐?--小泉セツを育んだ松江の霊性
  • 第7章 怪談のまち松江
  • 第8章 カラスの因縁
  • 第9章 鷺に守られる家
  •      自分のルーツはノルマン?
  •      パリからルーアンへ
  •      ヘロン村
  •      ル・アーブル-旅の終わり
  •      大久保から来た鷺
  •      鷺に助けられた話
  •      鷺とともに生きる
  •      父が逝った日
  • 第10章 父の魂のいたずら
  • 第11章 如意輪観音の呪い
  • 第12章 お化け屋敷の思い出
  • 第13章 七つまでは神のうち
  • 第14章 怪異断片
  •       三途の川
  •       仏壇
  •       運ばれる「怪談」
  • 第15章 「凡」の因果
  • あとがき

製品情報

製品名 怪談四代記 八雲のいたずら
著者名 著:小泉 凡
発売日 2014年07月23日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-219024-4
判型 四六
ページ数 224ページ

著者紹介

著:小泉 凡(コイズミ ボン)

小泉凡(こいずみ・ぼん)
1961年、小泉八雲の孫・時の長男として東京で生まれる。
成城大学大学院文学研究科日本常民文化専攻博士課程前期修了。専攻は民俗学。島根県立大学短期大学部教授、小泉八雲記念館顧問。
おもな著書、論文に『民俗学者・小泉八雲』(恒文社) 、『八雲の五十四年―松江からみた人と文学』(共著、松江今井書店)、「柳田國男と小泉八雲―五感力の継承をめざして」『成城大学民俗学研究所紀要』31集 、「イギリスに渡った出雲の護符」『山陰民俗研究』13などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV