寂聴まんだら対談

文芸
ジャクチョウマンダラタイダン
寂聴まんだら対談
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

90歳を超えてなお精力的に創作を続ける瀬戸内寂聴氏は、対談、座談の名手としても広く知られています。その瀬戸内氏と、第一線で活躍する作家8人によるダイアローグの真剣勝負。表現とは何か、なぜ小説を書くのか、作家とは如何なる存在なのか? 瀬戸内氏との対話を通して明らかになる作家たちの素顔、そして彼らの秘められた苦悩、愛憎、性、老い。さらには秘められた文壇ゴシップまで・・・。文学とはこんなに面白いのか、という驚きが満載の対話集。

目次

  • 女としてではなく、人として書く――山田詠美
  • 小説で得るもの、失うもの――川上未映子
  • 変わることから、美は生まれる――横尾忠則
  • 悪から文学は始まる――花村萬月
  • ふたりが歩んだ戦後文学史――河野多惠子
  • 愛し、憎み、書く――柳美里。
  • 天才作家たちの喜びと哀しみ――酒井順子
  • 老いと死のデザイン――島田雅彦。

製品情報

製品名 寂聴まんだら対談
著者名 著:瀬戸内 寂聴 著:山田 詠美 著:川上 未映子 著:横尾 忠則 著:花村 萬月 著:河野 多惠子 著:柳 美里 著:酒井 順子 著:島田 雅彦
発売日 2014年05月21日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-218940-8
判型 四六
ページ数 240ページ
初出 『群像』2010年1~4、6、10月号、2011年4月号、2013年1月号

著者紹介

著:瀬戸内 寂聴(セトウチ ジャクチョウ)

1922年、徳島生まれ。東京女子大学卒。1957年に「女子大生・曲愛玲」で新潮社同人雑誌賞、1961年『田村俊子』で田村俊子賞、1963年『夏の終り』で女流文学賞を受賞。1973年に平泉中尊寺で得度し、法名寂聴となる(旧名晴美)。1992年『花に問え』で谷崎潤一郎賞、1996年『白道』で芸術選奨、2001年『場所』で野間文芸賞、2011年『風景』で泉鏡花文学賞受賞。2002年に『源氏物語』現代語訳を完訳。ほかに『爛』『月の輪草子』『烈しい生と美しい死を』など作品多数。

おすすめの本

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV