我れ、美に殉ず

文芸
ワレビニジュンズ
  • 電子あり
我れ、美に殉ず
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「第一章 これ、この一作に悶え、死す──久隅守景」……狩野探幽の門下となり、若くして「四天王」ともてはやされた久隅守景。だが、悪所通いがもとで息子が狩野派を破門され、後に島流しに。さらに娘は、同門の男と駆け落ちする。相次ぐ不始末に、守景自身も師匠から破門され金沢の地へ。狩野派で御用絵師として生きる道とは一線を画して、守景は独特の質朴なる農夫の絵を晩年まで描き続けるのだった。「第二章 外面は百態、魂は不撓──英一蝶」……狩野派に入門しながら吉原通いを好み、あげくに生類憐みの令で三宅島に島流しになった不遇の絵師。「第三章 生きとし生ける物へすべて命を──伊藤若冲」……青物問屋の長男に生まれ若くして店を継ぐも、早々に隠居して生き物を描き続けるた博愛の画家。「第四章 失いしものを深追いして──浦上玉堂」……備前池田藩・支藩の大目付の役にありながら、風流の道に傾いて脱藩し、七弦琴と絵筆を手に諸国を放浪した文人画家。

製品情報

製品名 我れ、美に殉ず
著者名 著:小嵐九八郎
発売日 2014年05月14日
価格 定価 : 本体1,900円(税別)
ISBN 978-4-06-218930-9
判型 四六変型
ページ数 424ページ
電子版製品名 我れ、美に殉ず

オンライン書店で見る