稚拙なる者は去れ 天才心臓外科医・渡邊剛の覚悟

ノンフィクション・学芸(単行本)
チセツナルモノハサレテンサイシンゾウゲカイワタナベゴウノカクゴ
著:細井勝
  • 電子あり
稚拙なる者は去れ 天才心臓外科医・渡邊剛の覚悟
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 数々の難手術を成功させ、以前なら、なす術のなかった患者たちの命を救ってきたことから「現代のブラック・ジャック」「天使の手をもつ心臓外科医」などと称される金沢大学の渡邊剛教授。日本で初めて「オフポンプ手術」(人工心肺を使わず、心臓を拍動させたまま行う手術。天皇陛下の狭心症手術で一躍有名になった)を成功させ、スタンダードな技術として確立すると同時に、わが国では他にできる者がいない「ロボット手術」や「アウェイク手術」も日常的にこなす人物です。血管を吻合するスピードは一般の5倍といわれる手早さ、執刀した手術の成功率は、世界一の99.5%。
 若き日は、ドイツで心臓外科の父と呼ばれるハンス・ボルスト教授のもとで修行し、技術だけでなく、「人に頼るな」という教えを叩きこまれました。人に頼るなとは、権威や因習、序列、流行ではなく、自分で判断するということ。この反骨精神が、渡邊医師の生き方を貫いてきました。
「ブラック・ジャックになりたい」と夢見た少年は、世界最高レベルの医者となったいまでも、「とにかく患者と関わりたい」と、多忙をきわめながらも、手術前の患者と、その状態を知るため、直にメールでやりとりをします。手術費を払えない子どもが患者のときには、費用を自腹で負担することもあるといいます。
 本書は渡邊医師のこれまでの軌跡と、さらなる医療への夢を追います。

目次

  • 第1章 「メール外来」をご存じですか
  • 第2章 奇跡の「ダ・ヴィンチ」心臓外科手術
  • 第3章 ブラック・ジャックに導かれ
  • 第4章 孤高の道をひた走る
  • 第5章 稚拙なる者は去れ
  • 第6章 「白い巨塔」より「最後の砦」

製品情報

製品名 稚拙なる者は去れ 天才心臓外科医・渡邊剛の覚悟
著者名 著:細井勝
発売日 2014年08月11日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-218928-6
判型 四六
ページ数 224ページ
電子版製品名 稚拙なる者は去れ 天才心臓外科医・渡邊剛の覚悟

著者紹介

著:細井勝(ホソイマサル)

細井 勝(ほそい・まさる)
1954年石川県生まれ。中央大学卒業。20年にわたる新聞記者生活を経て、2000年に独立。細井勝事務所を開設して、金沢の地域ジャーナル誌『学都』に編集長として関わりながら、ノンフィクション、ルポルタージュの執筆活動を続けている。著書に『加賀屋の流儀』『加賀屋のこころ』『遭難者を救助せよ』(いずれもPHP研究所)がある。

オンライン書店で見る