シモネッタのどこまでいっても男と女

文芸
シモネッタノドコマデイッテモオトコトオンナ
シモネッタのどこまでいっても男と女
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「四十過ぎて好きになった飴はやめられない」と、イタリア男に三百通を超えるラブレターで口説かれて……百戦錬磨のシモネッタが繰り広げる、涙と笑いの人生劇場。

イタリア語同時通訳者として第一人者の著者が、若き日々、己が人生を振り返って綴る、痛快無比のエッセイ。

製品情報

製品名 シモネッタのどこまでいっても男と女
著者名 著:田丸 公美子
発売日 2014年04月15日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-218876-0
判型 四六
ページ数 256ページ
初出 『小説現代』2010年5月号~2013年4月号、2014年1月号に連載されたものより抜粋のうえ、加筆修正。(「シモネッタの家族情話」より改題)

著者紹介

著:田丸 公美子(タマル クミコ)

(たまる・くみこ)
広島県出身。東京外国語大学イタリア語学科卒業。イタリア語同時通訳の第一人者であり、エッセイスト。大学在学中から来日イタリア人のガイドを始めた。著書に『パーネ・アモーレ―イタリア語通訳奮闘記』『シモネッタのデカメロン イタリア的恋愛のススメ 』『シモネッタの本能三昧イタリア紀行』『 シモネッタのドラゴン姥桜』『シモネッタの男と女』イタリア語通訳狂想曲 シモネッタのアマルコルド』などがある。軽妙で味わい深いエッセイのファンは多い。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV