まほろばの王たち

文芸
マホロバノオウタチ
  • 電子あり
まほろばの王たち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

家を焼かれた物部の姫・広足(ひろたり)は、験者の集団である賀茂の一族の長・大蔵(おおくら)に弟子入りすることになった。
蘇我氏への反乱を企む鎌足に雇われた大蔵は、蘇我の神を討ち滅ぼし、宮中に残っていた妖を殲滅していく。一方的に相手を痛めつける大蔵を見て、妖に治癒の呪を唱えてしまう広足。
形勢が逆転し瀕死の大蔵が助けを求めたのは、賀茂の行者・小角(おづぬ)だった。青い光をまとい現れた青年は、広足に問う。
「娘よ。なぜ古き者を助けた」
答えられない広足に対し、小角は大蔵を助けてほしいなら、広足自身を捧げろと言う。広足が頷いたのを見て、小角は天竺の術を使って妖と対話し、飛鳥の宮から離れるよう願った。
そして妖が退き、宮殿に鎌足と中大兄王子が駆け込んできたとき、さきほどまでいたはずの小角の姿は消えていた。
そして5年後、広足のもとに一本の木簡が届く。
「約束の時は至れり」

かくして賀茂役小角と物部の末裔・広足、そして山の神々との冒険が始まる。

製品情報

製品名 まほろばの王たち
著者名 著:仁木 英之
発売日 2014年03月04日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-218828-9
判型 四六変型
ページ数 272ページ
電子版製品名 まほろばの王たち
初出 『エソラ vol.15』に掲載された「役立ちの小角」を単行本化にあたり加筆修正したもの。

著者紹介

著:仁木 英之(ニキ ヒデユキ)

1973年、大阪府生まれ。信州大学人文学部卒業。2006年『夕陽の梨』で歴史群像大賞最優秀賞、『僕僕先生』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞。著作に僕僕先生』シリーズ、『千里伝』シリーズ、『五代史シリーズ』、『くるすの残光』シリーズ、『高原王記』『黄泉坂案内人』『我ニ救国ノ策アリ』『大坂将星伝』『撲撲少年』などがある。

オンライン書店で見る