金を払うから素手で殴らせてくれないか?

文芸
カネヲハラウカラスデデナグラセテクレナイカ
  • 電子あり
  • 受賞作
金を払うから素手で殴らせてくれないか?
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

失踪した男の行方を、当の男本人が追う──。
読むものを混乱と肩すかしに陥れるカルト作家の真骨頂。古栗ワールド全開の小説集。

「おい鈴木、米原正和を捜しに行くぞ」とその米原正和が言った──。失踪した米原正和の行方を、当の米原とともに追う鈴木。会社を休んで、米原の自宅、立ち寄り先を米原とともに捜す。果たして、米原は見つかるのか?

目次

  • IT業界 心の闇
  • Tシャツ
  • 金を払うから素手で殴らせてくれないか?

製品情報

製品名 金を払うから素手で殴らせてくれないか?
著者名 著:木下 古栗
発売日 2014年03月26日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-218819-7
判型 四六
ページ数 176ページ
電子版製品名 金を払うから素手で殴らせてくれないか?

著者紹介

著:木下 古栗(キノシタ フルクリ)

木下古栗(きのした・ふるくり)…1981年、埼玉県出身。2006年に『無限のしもべ』で第49回群像新人文学賞を受賞。10年には『いい女VSいい女』で絲山秋子より絲山賞を授賞。ほかの作品に『ポジティブシンキングの末裔』がある。

お知らせ・ニュース

受賞作
第5回Twitter文学賞受賞! (2015/3/2)

オンライン書店で見る